アティーシャ(982-1054)は、仏教の慈悲についての教えの全体像をインドネシアから再興し、インドに再度紹介しました。仏教の教えに対する誤解を正すためにチベットに招聘され、そこで純粋な教えを再確立しました。カダム派の伝統はアティーシャの弟子たちにさかのぼります。

himalayanart.orgよりイメージ引用
Related articles
Top