Study buddhism shantideva

シャーンティデーヴァ(寂天)

寂天(シャーンティデーヴァ)(八世紀)はインド出身で、チベット仏教の全ての伝統において見受けられる菩薩の教え、特に六波羅蜜の実践に関する教えは寂天に源を発しています。

寂天(シャーンティデーヴァ)は東インドのベンガル地方のある土地の王の息子として八世紀に生まれました。いよいよ王位に就くという時に文殊菩薩の夢を見て、「王位はあなたの為のものではない」というお告げを聞きました。文殊菩薩のアドバイスを真剣に受け止めた寂天は王位を捨て、ジャングルに隠遁しました。そこで数々の仏教以外の導師達に出会って修行をし、厳しい瞑想修行を行って非常に高度な禅定(心の深い集中状態)に至りました。しかし、釈尊の場合と同様に、深い集中に入り込むだけでは苦の根を断ち切る事は出来ないと気付きます。やがて寂天は全ての仏陀の智慧の化身である文殊菩薩に帰依し、文殊菩薩の夢想を体験して、それを通じて教えを受けました。そしてジャングルを離れ、ナーランダー大僧院へと行き、僧院長から得度を受けました。そこで顕教と密教の偉大な経典について勉強し、厳しい修行を行いましたが、自分が修行している事を全て秘密にしていました。皆は寂天が食べて寝て用を足す以外は何もしていないと思っていました。しかし実際には寂天は常に光明な瞑想状態にあったのです。

僧院の僧達は寂天の事を役立たずだと思い、遂に追放を決めました。その理由付けの為に、寂天に何かの原典についての法話をさせ、恥をかかせようと企みました。また、階段の無い非常に高い法座を用意して、そこに昇れない様に仕向けました。しかし、法座の方から寂天の高さに降りてきて、寂天はいとも簡単にその上に上がりました。そして入菩薩行論の教えを始めたのです。第9章の空に関する教えの偈の所に来ると、寂天はゆっくりと空中に浮上して行きました。

その後、寂天は視界から消え、経典の残りを詠唱するその声だけが響いていました。後に僧達が記憶を頼りに経典を書き記しました。

その教えの中で寂天は自身がナーランダーで著した他の二つのテキストに言及しました。一つは学処集成で二つ目は大乗宝要義論です。しかしそれらのテキストの在り処を知る者はいませんでした。そして遂にある人の夢想の中に寂天が現れ、ある僧の部屋の梁に隠してあると告げました。その夢想の中で寂天はこの世界には戻らないことを伝えました。

大乗宝要義論は顕教の経典の重要な点をまとめたもので、学処集成は顕教の実践方法をまとめたものです。学処集成と入菩薩行論のチベット語訳はテンギュル(インドに伝わる仏陀の言葉の注釈書のチベット語訳の論書集)に収められています。クヌ・ラマ・リンポチェによれば大乗宝要義論はチベット語に翻訳されましたが、テンギュルには収められていない様です。

入菩薩行論の注釈書は幾つかあり、特に第9章に関するものがたくさんあります。このテキストはチベット仏教の全ての宗派にとって非常に重要なため、チベットの全ての異なる宗派においてその注釈書が存在しています。ゲルク派の伝統においては、ツォンカパの菩提道次第論は学処集成と入菩薩行論に拠るところが大きく、特に自己と他者の交換の教えに関して多くをそれらに拠っています。ツォンカパは入菩薩行論の注釈書自体は著しませんでしたが、菩提道次第論では入菩薩行論の多くの点が扱われており、また了義未了義判別善説心髄においては入菩薩行論第9章に関する多くの点が包含されています。また密意解明もその多くを入菩薩行論に拠っています。

1978年1月にインドのブッダガヤで行われたダライ・ラマ法王14世による「入菩薩行論」の法話からの抜粋、アレクサンダー・ベルゼン博士による翻訳及び編集



himalayanart.orgより画像引用
Top