正見、正思惟

判別する認識は何が正しくて何が正しくないのかを、何が役立つことで何が有害かを判別します。これには、八正道の最後の二項目がありますが、正しい見方(正見)と正しい意図(正思惟)です。

正しい見方(正見)は私たちが真実であると信じることについてですが、何が正しくて何が正しくないのかを、あるいは何が有害で何が役立つのかを正しく判別することを基盤にしています。正しい動機(正思惟)は、これが導く建設的な心の状態です。

見方

私たちは正しいか、正しくない判別する認識を持てます。

  • 私たちは正しく判別することができて、それが真理だと信じます。
  • 私たちは正しくない判別をすることができて、それが真理だと信じます。

間違った見方は、私たちが正しくない判別をしてそれが真理であると信じることで、正しい見方は、正しく判別してそれが真理であると信じることです。

間違った見方(邪見)

間違った見方(邪見)は、例えば、自分たちの行動のあるものは破壊的で、あるものは建設的であるとの倫理的な側面を持たないと断言して信じることで、自分の行動は経験上どのような結果をもたらすことはないと信じることです。これは今日多くの人々が持つ「なんでも良い」とする精神性(メンタリティー)で特徴付けられます。どうでもいい、何も関係ない。これは間違っています。喫煙するかしないかは大切です。タバコを吸えば、健康面でそのネガティブな結果を経験します。

他の間違った見方は、自分自身を向上させることや欠点を乗り越えることなどできるわけがないと信じ、それにかまってもしようがないとなります。事物はコンクリートのように固定してはいないので、これは間違っています。他者に親切で、助けようとすることは何の意味もないことだと信じ、みんなをうまく利用して、できる限りの利益を自分が得るべきだ、それが幸福をもたらすのだと信じる人もいます。それが幸福をもたらすことはないので、間違っています。それがもたらすものは対立や、嫉妬、他の人々が盗むのではないかと心配することなどです。

数多くのタイプの間違った判別があります。例えば、それは苦しみとその原因に関わることもあります。自分の子供が学校でうまくいっていないことを考察しましょう。間違った判別は、「すべては私のせいだ。親としての私の責任だ」と考えることです。これは原因についての間違った判別です。事物はただ一つの原因で生じることはありません。事物は一つの原因ではなく、非常に多くの原因と条件の組み合わせで起きます。私たちも一因となったのかもしれませんが、問題の唯一の原因ということではありません。そして、時には一因でさえないのですから、完全に間違っています。例として、非常に心が乱れた人がいて、サッカーの試合に行き、自分のチームが負けると、その人は自分が試合を見に来たことが、チームが負けた唯一の理由だと信じるのです。自分は疫病神で、「チームが負けたのは私のせいだ」とするのですが、馬鹿げたことです。これは因果関係に関する間違った判別です。

正しい見方(正見)

正しく判別する認識は非常に大切ですが、これには私たちは現実について、因果関係の現実などについて学ぶ必要があります。数多くの原因や条件に影響される天気のように、私たちも自分自身のことを神のような存在と誤解しないように、ただ一つのことをやれば、学校でうまくいっていない子供に関して全てが良くなると誤解しないことです。物事はそのようには機能しません。

判別する認識には、常識と知性が、そしてその正しい判別に集中し続けることが要求されます。これには規律が必要です。このようにして、全てがうまく適合し合います。

意図(動機の思い)

何が役立つことで何が有害かを、何が現実で何が現実ではないかを判別した後は、意図あるいは動機の思いが、物事に対して自分がどのように話し、行動し、どのような態度で挑むのかについて考察します。すでに間違って判別したのであれば、間違った動機がそれに続きますが、正しく判別したのであれば、正しい動機が続きます。

間違った意図

意図や動機の思いが影響する三つの主な分野があります。

肉感的な欲望

間違った動機の思いは – 綺麗なものを見るとか、音楽、美味しい食べ物、良い服装などと何であれ、感覚の対象に対しての渇望や執着に関わりますが – 肉感的な欲望を基盤にします。これらが最も重要なものであるとする正しくない判別をベースに、私たちの動機は自分の欲求を追い求めようとします。もし正しい判別をしていれば、感覚の対象から解放されたバランスのとれた心である、平等心が持てるでしょう。

間違った判別をする例として、夕食をどこで食べるのか、何を食べるのかが大切だとすることが挙げられます。正しい場所を選んで、メニューから正しい食事を選ぶことができれば、それが幸福をもたらすと考えます。もしあなたが正しく判別したのであれば、これはそれほど重要なことではなく、人生には夕食に何を食べるのかとかテレビで何をやっているのか以外に重要なことがたくさんあるとわかるでしょう。こころはよりリラックスして、バランスが取れるでしょう。

悪意

間違った動機または意図の第二は悪意ですが、それはだれかを傷つけたい、害したいと望むことです。誰かが間違ったことをした時に、怒ってその人は悪い人で罰する必要があると考えますが、これは間違った判別です。

私たちは人々は決して間違いなど犯さないと間違った判別を下しますが、それは馬鹿げています。怒りのあまりに誰かを叩きたいと思うかもしれませんが、もし正しい判別をすれば、慈悲深くなれるでしょう。これは他者を助け、彼らに幸福をもたらしたいと望むことですが、それには強さと許しが必要になります。誰かが間違いを犯せば、これは自然なことであると気づき、根に持ちません。

冷酷さ

間違った意図の第三は、冷酷さで満ちていますが、さまざまな側面があります。

  • フーリガンになること – 他者が苦しんで不幸になることを望む慈悲を欠いた冷酷さ。例えば、他のサッカーチームを応援する人たちをひどい人たちだと判別し、彼らが他のチームのことを好きだという理由だけで喧嘩をしてもいいと考えます。
  • 自己嫌悪 – 自分自身のことを悪い人間で幸福になる権利がないと考えて、自分自身の幸福を故意にダメにします。不健全な関係に入ったり、悪い習慣を身につけたり、食べすぎたりすることなどです。
  • 邪悪な快楽 – 他の人々が苦しんでいることを見たり聞いたりして冷酷に喜ぶことです。例えば自分が嫌いな政治家が選挙で負けると、その人は悪い人だと考え、彼が体験していることは当然だと考える人もいます。ここでは、私たちはある人々は悪い人で、罰せられるべきで、特に自分を含めた他の人々は全てがうまくいくべきだと正しくない判別をしています。

正しい意図(正思惟)

正しい判別を基盤にした正しい意図(正思惟)は、非暴力的で冷酷ではないことです。苦しんでいる他者に害を生じさせたくないと望み、彼らをイライラさせたり困らせたりすることがないことを望みます。ことが彼らにとってうまくいかないことを喜んだりはしません。ここでは、慈悲の感覚もありますが、他者が苦しみとその原因から解放されて欲しいと望みますが、誰もが苦しんで、誰もが苦しみたくなどなく、誰もが苦しんで当然だということはないと分かるからです。人々が間違いを犯せば、それはその人が本来悪い人間であるということではなく、心の混乱から生じたのだと見分けます。正しい判別と正しい意図(正思惟)で、私たちは自然と正しい話し方(正語)と正しい行動(正業)に導かれます。

八つの項目を相互に調和させる

八正道の項目は全て相互に調和し合います。

  • 正見と正思惟は実践のための適切な基盤となり、私たちは正語、正業、正命に自然と導かれます。自分の行動が他者に及ぼすことに関して正しい判別をして、他者を助けたい、彼らを害したくないと望みます。
  • この土台で、私たちは自分自身を向上させよう、さらに良き資質を発展させよう、そして自分の身体や気持ち(フィーリング)についての奇妙なアイデアに気が散らないようにしようと努力をします。何か有益なものに焦点を当て続ければ、私たちの意図はさらに強固になるでしょう。このようにして、全てが相互に結びついています。

三つの訓練(三学)と八正道を順序立てて提示することもできますが、その究極の目標はそれらをまとめて統括された全体として実践に生かすことです。

まとめ

朝目覚めてから夜寝るまで、私たちの諸感覚は何かしらの楽しみを渇望しています。目は美しい形を、耳は心地の良い音を、口は美味しい味を求めます。快楽を求めることは特に悪いことではないのですが、もしこれだけが人生の目的となれば、いつまでも本当の充足感を得ることも、散漫した心を集中する力をわずかばかり育むことも出来ないでしょう。

倫理と集中力と鋭い洞察力を育む三つの訓練(三学)によって、一瞬一瞬をできる限り最大限に生きることが出来る様になります。八正道では、自分自身の快楽のみを探求する代わりに、自身を益し、また他者をも益する事が出来る様になる為の枠組みが示されています。何故正しい見方(正見)は正しくて間違った見方はそうではないのか、正しい行動(正業)は助けとなり間違った行動は害となるのかなどを吟味して理解するに到れば、さらにこれに沿って行動すれば、人生は自ずとより良い方向に向かって行くでしょう。「真の仏教的人生」とでも呼ぶべき日々を送ることが出来る様になるのです。

Top