正精進、正念、正定

概観

三つの訓練(三学)を見ていますが、日々の生活の中でそれらがどのように私たちを助けてくれるのかを、八正道を練習することを通して行います。三学とは、

  • 倫理的な自己規律(持戒)
  • 集中(禅定)
  • 判別する認識(智慧)

倫理的な自己規律を発展させるために、正しい話し方(正語)、正しい行為(正業)、正しい生計手段(正命)を実行します。ここで、集中を訓練することを見て見ましょう、それには正しい努力(正精進)と正しいマインドフルネス(正念)と正しい集中(正定)が含まれます。

正しい努力(正精進)は、破壊的な一連の思いを取り除き、メディテーション(瞑想)のために役立つ心の状態を発展させることです。

マインドフルネスは、何かを手放さない心的(メンタル)な糊のようなもので、何かを忘れることを予防します。

  • 自分の実際の身体、感じていること(フィーリング)、そして心(マインド)や心的要素を忘れないことにより、注意が散漫しません
  • さまざまな倫理的なガイドラインや、戒律や、請願を保ち続けること
  • 焦点の対象を手放したり忘れたりしないこと

ですから、メディテーションをしているのであれば、自分が焦点を当てている対象を失わないように、マインドフルネスが必要です。誰かと会話をしているのであれば、相手の人とその人が話していることに注意を当て続ける必要があります。

集中そのものは、焦点を当てる対象への心的な配置です。ですから、誰かの言っていることを聞く時に、集中とはそれは彼らが言っていることや、どのように写っているのか、どのように行動しているかなどに、私たちの集中が置かれることです。マインドフルネスは、私たちがぼんやりしたり注意散漫にならないための心的な糊で、集中を保つために役立ちます。

努力

これは私たちが集中を発展させるために使用する八正道の最初の項目です。気が散るような思いや集中に向かない感情の状態を取り除き、さらには良き資質を発展させようと努力します。一般的には、自分の人生の中で何かを達成したいと欲すれば、努力をすることが必要です。絶対に無からは何も生じませんし、それが簡単なことだと言った人はいません。しかし、私たちがどのように行動するのか、話すのか、他者との対応はどうするのかに関して、倫理的な自己規律に働きかけることで、少しばかりの強さを発展させたのであれば、それは精神的状態や感情の状態を強化することに努力するための強さを与えます。

間違った努力

間違った努力は自分のエネルギーを害のある破壊的な一連の思いに寄せることですが、それは集中することを困難にしたり、あるいは不可能にします。三つの主な破壊的な考え方があります。

  • 欲張りな思い
  • 悪意のある思い
  • 歪んだ敵対意識

欲張りな思い

欲張りな思いには、他者が達成したことや、彼らの快楽や物質的な所有物に嫉妬心を持つことです。「どうすれば私もそれを得ることができるのか?」と考えます。これは愛着(執着)から生じます。自分が持っていないものを、誰か他の人が持っていることに - それが成功であったり、美しいパートナーであったり、新車であったりと、実際に何であれ – 我慢ができません。いつもそれについて考えているのですが、非常に心を乱す心の状態です。これは完全に私たちの集中を邪魔しますね。

完璧主義者もこの中に入りますが、いつも自分自身を出し抜こうと考えています。これは自分自身への嫉妬に近いものです!

悪意のある思い

悪意のある思いは、「私が嫌いなことをこの人が言ったり、やったりするのであれば、やっつけてやる」などと、誰かを害するやり方についてです。次にその人に会うときには、何を言おうかとか、何をしようかと考えるのかもしれませんが、その人が自分に何かを言ったときに何も言い返さなかったことを後悔しています。頭の中からこのことを追い出すことができずに、いつもそれについて考えてばかりいます。

歪んだ敵対意識

歪んだ敵対意識とは、例えば、誰かが自己改善に努めたり、他者を助けたりするときに、「あいつらはバカだ。彼らのやっていることは役に立たない。誰かを助けようとするなんて、馬鹿らしい」と考えることです。

スポーツが好きではない人々の中には、スポーツが好きで、サッカーの試合をテレビで見たり、観戦に行くことを全く馬鹿らしいと考える人がいます。しかし、スポーツが好きであることは、ちっとも害にはなりません。それは馬鹿らしいとか時間の無駄だと考えることは、非常に敵対意識を持つ心の状態です。

あるいは、誰かが乞食に金をあげて助けようとすれば、「そんなことをするなんて馬鹿げている」と考えるのです。他の人々がいかに馬鹿げているのかとか、彼らがやっていることは理性に反することなどについていつも考えるのであれば、集中することはできません。私たちはこれらの思いを取り除きたいのです。

正しい努力(正精進)

正しい努力(正精進)とは、私たちのエネルギーを害のある破壊的な一連の思いから離し、利益のある資質の発展に向けることです。これは、パーリ語で「四つの正しい努力(四正勤)」と呼ばれていることについてです。サンスクリット語とチベット語の文献では「正しい脱出を得るための四つの要素」と呼ばれていますが、言い換えれば、自分の欠点を除去することで、いわゆる「四つの純粋な放棄」と呼ばれていることです。

  • 第一に、まだ発展させていないネガティブな資質が生じることを防止することに努力をします。例えば、もし中毒症になりやすい人であれば、一旦加入すると一日中次から次へと映画を見る羽目になるインターネット上の映画鑑賞のサービスに参加することを避けたいのです。非常に有害で、集中力を失うことになります。
  • 次に、すでに生じてしまったネガティブな資質を取り除く努力をすることです。ですから、何かに中毒になっているのであれば、それを限定しようと努力することはいいことです。例えば、iPodに中毒になっている人がいることを私たち全員が知っていますが、音楽を聞かないことには彼らはどこへも行けません。まるで静けさを恐れ、何かについて考えることを恐れているために、いつも音楽を聞いているかのようです。もちろん、長距離の運転をしているときの目覚ましとして、運動中にペースを保つために、大音量の音楽は役立つかもしれませんし、静かな音楽が働いているときに落ち着けることに役立つのかもしれませんが、音楽は会話中に誰かに焦点を当てることには役立ちません。必然的に、気が散ります。
  • この後に、新たなポジティブな資質を育む必要があります。
  • そして、すでにあるポジティブな資質を維持して強化するように努力することです。.

これらを見てみて、実用的な応用を見つけようとすると興味深いです。私自身の例を挙げると、私はウェブサイトに関して非常に悪い習慣がありました。110人の人々がこのサイトのために働いていて、翻訳や編集済みのファイルが電子メールでいつでも送られてくるのですが、本当に毎日数多く受信します。私の悪い習慣は、私やアシスタントが簡単に探索できるように適切なフォルダーにファイルする代わりに、全てを一つのフォルダーにダウンロードすることでした。本当に悪い習慣でしたが、その効率の悪さは非常に非効率的で、ファイルを探索したり、仕分けするために多くの時間を浪費するので、集中することを妨げました。それでは、何がポジティブな資質でしょうか?それは何かがくると同時に、正しいフォルダーの中にすぐに送られることでした。こうすることで、怠惰でただ全てがあちこちへといく代わりに、最初から適切な場所にいつも入れる習慣を築きます。

この例では、ネガティブな資質、非常に非生産的な習慣、そしてポジティブな資質を見つけました。ですから、ネガティブな資質を避けて、適切なファイリングのシステムを作り、ネガティブな資質が続くことを防ぐことができました。これが非常に簡単なレベルで実践できることについて私たちが話していることです。

集中するために五つの障害を乗り越える

正しい努力(正精進)は、集中するために五つの障害を乗り越えるために働きかけることに関わりますが、それらは、

五感の欲望の対象を追求する意図

五つの欲望の感覚的な対象は美しい情景、音、香り、味と身体的な感覚です。私たちが乗り越えようと努力するこの障害は、例えば仕事など何か集中しようとするときに、「映画が見たい」とか「冷蔵庫の方に行きたい」などの思いで集中が妨げられるときです。ですから、ここでは食べたい、音楽を聴きたいなどの感覚の快楽や欲求を見ています。そのような気持ちが生じても、焦点を当て続けるために、これらを追求しないことに努力する必要があります。

意地悪な思い

これは誰かを害することについて考えることです。意地の悪い思いをいつも抱いていれば – 「この人は私を傷つける、彼らが嫌いだ、やっつけるためには何ができるのだろうか?」 - となり、集中を妨げる大きな障害です。他者にだけでなく自分自身に対しても嫌な害のある思いを避ける努力をする必要があります。

霞んだ心と眠気

これは私たちの心が霧の中で、ぼんやりして、はっきりと考えることができないことです。眠気とは明らかに眠りたいのです。それと戦う努力をするべきです。コーヒーを飲んだり、新鮮な空気を得たりと何であれ、眠気に負けないように努力する必要があります。しかし、あまりにも集中することが難しすぎるときには、境界や限界を設定する必要があります。自宅で仕事をしているのであれば、「昼寝をするとか20分間休もう」とできます。オフィスで働いていれば、「10分間コーヒーブレイクにしよう」と限界を設定して、また仕事に戻ります。

浮ついた心と後悔

浮ついた心はFacebookとか  YouTubeとか何であれ、心がそこへ飛んでいくことです。後悔の念は「これをやった、あれをやったことを後悔する」と意識(心)が 自責の念に飛んでいきます。これらは非常に気が散ることで、集中を阻みます。

優柔不断と疑惑
乗り越えるために私たちが努力する必要のある最後の項目は、優柔不断と疑惑です。「何をするべきか?」とか「ランチは何にするべきか?これにしようか?それともあれにしようか?」と決心することができず、非常に膨大な時間を浪費します。常に疑惑や優柔不断で満たされていれば、集中することができず何もできません。ですから、これを解決するように努力する必要があるのです。

手短に言えば、正しい努力(正精進)とは次のことに努力することです。

  • 心を乱す破壊的な考え方を避ける
  • 自分の悪い習慣や欠点を取り除く
  • すでに持っている良き資質を発展させ、自分に足りない点を発展させる
  • 集中に障害となるものを取り除く

マインドフルネス

集中に関わる八正道の次の側面は、正しいマインドフルネス(正念)です。

  • マインドフルネスは基本的には精神的(メンタル)な糊です。集中しているときは、心は対象にしっかりつかまっています。この掴まり、マインドフルネスが、手放すことを妨げるのです。
  • これは正知を伴いますが、注意がさまよったり、眠気がしたり、鈍くなれば、それを察知します。
  • そして、注意を使用しますが、焦点の対象をどのように見据えるのかということです。

ここで、自分の身体、フィーリング(感受すること)、心、そして様々な心的要素(心所)に注目します。身体やフィーリングなどに関して間違った思い方にしがみついて手放さないことを避けたいのです。なぜならば、手放さなければ、気が散ってしまい集中することができないからです。ですから、ここでは、間違ったマインドフルネスと正しいマインドフルネスについてそれぞれ見てみましょう。

身体に関して

私たちが身体について話すときは、一般的に実際の身体とさまざまな身体的な感覚や身体のある側面のことを意味します。間違った身体の考察とは、私たちの身体はその本質が快楽であるとか、清浄で、美しいものであるとすることです。私たちは容姿 – ヘア・スタイル、化粧、服装など - を心配し、それに気を取られ、とてつもなく長い時間を費やします。もちろん、清潔で人前に出られるようにすることは良いことですが、容姿が快楽の源であるため、他者の注目を得るにはいつも容姿が完璧でなければならないと極端な考え方に行ってしまうと、もっと意味のあることに集中する時間が作れません。

現実的に身体を見てみましょう。長い時間座っていれば、不快になり、動かなくてはなりません。横になっていれば、あるポジションは不快になり始め、次のポジテョンも同様です。身体を大事にして、運動や良い食事で健康でいることを確保することは重要ですが、これに過剰に焦点を当てること – 身体が永続する快楽の源だとする考え方 - は問題です。

この間違ったマインドフルネスを取り除きたいのです。髪型が最も重要なことであるとか、着るものは完璧にカラー・コーディネートしなくてはいけなくて、これが自分に幸福をもたらすのだとの考え方を手放さなくてはなりません。これに固執することをやめて、「髪型や着るものが幸福の源ではない。それについて考えてばかりいると、時間を無駄にして、もっと意味のあることに集中することを阻むだけだ」と、正しいマインドフルネスを育むのです。

フィーリング/感受(受)に関して

ここでは、幸不幸を感じることについて話しているのですが、究極的には苦しみの源に関連します。私たちが不幸なときは「渇き」があります - 不幸の源を終えることを渇望します。同様に、少しばかりの幸福を持てば、さらにもっとと渇望します。これが基本的な問題の源です。

私たちが不幸を世界で最悪なものだと考えるときには、集中力に問題を生みます。どうやって?「ちょっと不快だな」とか「私は不幸だ」となっても、それがどうした?やっていることをやり続けだけです。あなたが自分の機嫌の悪さが世界中で最悪だと考え、それに固執するとすれば、あなたがやっていることに集中することの深刻な障害になります。

私たちが幸福なときは、その幸福が増えていつまでも続いて欲しいと気が散ってはいけません。これはメディテーションをしているときに起きたりしますが、気分が良くなりはじめ、いかに素晴らしいことかと気が散るのです。あるいは、誰か好きな人と一緒にいたり、何か美味しいものを食べているとすれば、間違ったマインドフルネスは「これは本当に素晴らしい」としがみつき、それに気が取られることです。そのことそのものを楽しんで、大ごとにはしないでください。

心(マインド)に関して

もし私たちが心は生来的に何か間違ったもので欠陥だらけだと考え、心の本性は怒りや無知や馬鹿らしさで満たされていると見なせば、集中することは難しくなります。しばしば、何も試すことさえせずに、「私はこれではない。あれではない。私は何者でもない」あるいは「私は理解できない」と、私たちは自分自身のことを十分ではないと考えます。これらの考え方に固執すれば、希望はありません。ところが、正しいマインドフルネスで、「まあ、一時的に理解できないのかもしれないし、一時的に私は混乱しているのかもしれないが、しかしそれは私の心の本性ということではない」となれば、それを貫くための集中力を使うことに自信を得ます。

心的要素(心所)に関して

第四として、知性、親切さ、忍耐などの心的要素(心所)に関することがあります。間違ったマインドフルネスは、私たちが「これが私のありようで、みんながそれを認めるべきだ。私には変えることもできないし、育むこともできない」と凝り固まることです。正しいマインドフルネス(正念)は、これらの要素は全てはただあるレベルで凍りついているのではなく、この文脈では、さらに集中するために、発展させ育むことができることを知ることです。

自己コントロールする

非常に気分を害した時や、罪悪感を感じる時に、どのように対処するのかを自己分析してみると、不思議ですが、私たちはその気分に固執してそれにはまってしまうことを発見します。あるいは、罪悪感に関しては、自分の犯した間違いにとらわれます。まあ、私たちは人間ですから、誰でも間違いを犯します。間違ったマインドフルネスは、私たちがそれに固執して手放さないことで、ただ自分がいかに悪いのかと自分を打ちのめします。正しいマインドフルネスは、気分は原因と条件により生じるのだから、そして原因や条件はいつも変化しているのだから変わるものだと知ることです。永遠にとどまるものは何もないのです。

非常に役立つ仏教の教えの中の助言の一つは、基本的に「自己コントロールする」ことです。それはベッドで横になりとても気持ちがよくまだ眠いときに、そして実は起きたくないときに、朝には起きるようなものです。そう、自己(セルフ)コントロールして、起き上がるのですよね。私たちにはそうする能力があります、そうでなければ私たちの半数の人は決して起きることはないでしょう!機嫌が悪い時や、少し気落ちしているときも同じことです。私たちは自己コントロールすることができますが - 「ほら、やってみるんだよ!」 - と、諦めないで必要なことをやるだけです。

マインドフルネス(憶念)の他の側面

一般的に、マインドフルネスは実際に非常に重要です。もしやる必要のあることがあれば、正しいマインドフルネスはそれに集中することを助けます。マインドフルネスは思い出すことに関わりますが、今夜のテレビの好きな番組を覚えたりします。しかし、これはそれほど重要なことではないことに固執することで、そうすることで、より大切なことを忘れたりします。

何らかの訓練を行っているのであれば、それを保持する正しいマインドフルネスがあります。運動をしているのであれば、毎日運動することを保持しなくてはなりません。ダイエット中であれば、これを思い出して、ケーキを勧められても断ることです。

マインドフルネスは自分がやっていることを保持して、周辺的で重要ではないことに、気が散らないことです。

家族といるときにマインドフルネスを保つ

多くの人々が友人や見知らぬ人たちといるときより、家族といるときのほうが倫理的にマインドフルネスになることがより困難だとみなしています。そうであれば、一般的な助言は最初から非常に強い意図を設定することです。親戚に会おうと計画している人は、「自分の感情を抑えよう。私は彼らがこれまで親切にしてきたことを思い出すことに努めよう。彼らは身内なのだから、私の対応は彼らの気持ちを左右するのだ」と、意図を持つことができます。出発点で非常に重要なことです。

さらに、自分自身に彼らは人間だと言い聞かせるべきです。彼らを単に母親、父親、兄弟、姉妹などと、どのような関係であれ、その役割に特定しないことです。もしあなたが彼らをある決まった役割に固定すれば、母親や父親のあり方を投影し、彼らとの個人的なやりとりの歴史や期待感や失望感などの投影に反応してしまいがちです。彼らを一人の人間として、別の人間の立場から関わったほうがより良いでしょう。彼らがこのことにマインドフルではなく、私たちを子供のように扱ったとしても、自分はそのパターンに陥ることはありません。彼らは人間であると思い出して、ゲームにはまらないことです。最終的には、タンゴを踊るには二人が要るのです。

最近、私の姉が一週間来ていました。彼女は随分と早めに寝るのですが、まるで母親のように、「もう、寝なさいよ」と私に言うわけです。さて、私が子供のように、「そんな、僕は寝たくないよ。まだ起きていたいんだ。何で眠りなさいと命令するのだ?」と反応すれば、同じゲームをするだけで、二人とも動揺します。ですから、彼女は私を怒らせたいからではなく、私のことを思いやり、助言しているのだと自分に言い聞かせる必要がありました。私にとって早く寝るほうがが良いことだと、彼女は思っているのです。ですから、私たちは自分の考えていることを投影するよりも、何が起きているのか現実的な視点を持とうとするべきです。

ですから、家族の一員に会う前に、自分の動機についてマインドフルでいることができます。

  • 私たちの目標。目標は自分が大切だと思い、彼らもこちらを大切に思っている自分の家族と良い交流を持つことです。
  • それに伴う感情。自分の家族を一人の人間として思いやることです。

他にも役立つ見方は、悲惨な試練と考える代わりに、「自分の家族とカッとならずに夕食を終えることができるか?」と、これを自分が成長するための挑戦であり機会であると見ることです。

そして、どんな両親でもよくやるように、家族が「どうして結婚しないのだ?なぜもっと良い仕事を探さないのだ?どうしてまだ子供がいないのだ?」などと、とやかく言い始めます。(私に会ったときの姉の第一声は「あんた、散髪しなきゃね」でした。)そこで、彼らが私たちのことを気にかけているから質問しているのだと気づいて、「気にかけてくれてありがとう。」と言えばいいのです。

彼らが置かれた背景を考えることができますが、その多くが友人たちに「息子さんはどうしているの?娘さんはどうしているの?」と聞かれ、彼らも友人たちと社交的にならなくてはいけないのです。悪意があってなぜあなたがまだ結婚していないのかと聞いているのではなく、あなたの幸福について気にかけているからです。第一歩はこれを認めることですが、その思いをありがたいことだと思うことです。そして、そうしたければ、なぜ自分がまだ結婚していないのかについて、穏やかに説明することもできます!

不適切なマインドフルネスで、私たちはしばしば全く生産的でないことにしがみつきます。よくあるのは、「なぜあなたは十年前にこれをしたのか?」とか、「三十年前にああ言った」などの、過去の歴史だったりします。私たちはそれにしがみつき誰にもチャンスを与えず、彼らの今のあり方に集中することを阻みます。私たちは「これはひどいことになる。両親がやってくる」と、すでにひどいことになると決心する先入観に固執します。それが夕食の前に緊張する状況を作るのです!これを正しいマインドフルネスで逆転させ、両親が元気かどうかを知る機会と考え、先入観抜きに状況が展開する中で対応する機会だと考えるのです。

マインドフルネスを保つ実用的な助言

難しい状況の中で、どのようにしてマインドフルネスを保つのでしょうか?次のことを育むことが必要です。

  • 意図 – 忘れないでいようと努める強い意図
  • 慣れ – 何度も、何度も同じプロセスを繰り返すことで、それを自動的に覚える
  • 正知 – 私たちがマインドフルネスを失った時に察知する警報システム

このことすべてが、自分の行動が自分自身や他者に及ぼす影響について思いやる気にかける態度(不放逸)に基盤をおきます。もしあなたが自分の行動の取り方を全く気にかけないのであれば、そこには規律がないためマインドフルネスを保てません。なぜ気にかけたほうが良いのでしょうか?人間だからです。あなたのお父さんやお母さんは人間です。そして、私たち全員が幸福になりたいのです。誰も不幸を欲しがる人はいません。他者に対しての自分の行動の取り方や話し方は彼らの気持ち(フィーリング)を左右するので、私たちは自分の行動の取り方に気をかけるべきです。たほうが良いのです。

私たちは自分自身やその動機を調査する必要があります。他者に好かれるためにただ良くしたいのであれば、それは少し子供じみています。マインドフルでいて、マインドフルネスを保つ最善の理由は、気にかける態度を基盤として、私たちが他者のことを思いやることです。

集中(正定)

八正道の中から集中のために適用する第三の側面は、集中(正定)と呼ばれています(そうです、集中そのものです。)集中とは、ある対象に実際に意識(心)を置くことです。集中したい対象が何であれ、マインドフルネスがそこにひきとめ、対象を失わないようにさせます。しかし、まずは対象をつかむことが集中するということの全てです。

何かに集中をもたらすために、私たちは注意を使用します。過去に比べて、最近より顕著になってきていることは、私たちの注意力が分散していて、何にも十分に集中することがないことです。テレビでニュースを見ると、画面の中央では今日のニュースを報道している時に、その下の方では違うニュースの情報が流れていて、そして隅の方では別のことが流れています。私たちはそのどれにも十分に注目を当てることも集中することもできません。私たちが多重に作業をこなせると考えたとしても、仏陀であれば別ですが、あなたがマルチタスキングしているこれらの全てに100%集中することは誰にもできません。

誰かと一緒にいて、その人が私たちに話しかけている時に、私たちの意識(こころ)は、時には携帯電話に置かれています。彼らが話しかけているのに、こちらは注目さえしていないのですから、これは間違った意識の置き方です。何かに意識を置いたとしても、それを維持することが非常に難しいことです。物事があまりにも早く変化することに、これからあれへと目移りすることに慣れてしまい、私たちは簡単に退屈してしまいます。そのタイプの集中は – これにほんの少しの時間、あれにほんの少しの間と – 障害です。間違った集中です。適切に集中できるようになるには、興味を失い退屈して別のものに移行するのではなく、必要な時間だけそれに集中する必要があるのです。

主な障害の一つは、私たちがエンターテイメントを欲しがることです。それは楽しまされることで得られる一時的な快楽が満足をもたらすと考える間違ったマインドフルネスですが、その代わりにさらなる渇きを生み出します。私たちがやれることや見れることの可能性が増えれば増えるだけ – そう、インターネットでは限りない可能性が提供されています - 実際にはさらに退屈して、緊張して、ストレスをもっと受けることを社会学者たちは発見しました。何かを見ていても、もっと楽しませてくれるものがあるのかもしれず、自分はそれを見逃しているのか心配になります。このようにして、あなたは延々とやっているので、何事にも集中できません。難しいのですが、同時にあまり多くのことに関わらないように、自分の人生を単純化しようと努力することは本当に良いことです。自分の集中力が発展すれば、自分が対処できることの幅が広がるでしょう。

あなたの集中がよければ、これに集中することができて、そしてあれに集中することができますが、他のことに気が散ることなく、一つのことにだけ集中します。それは医者が一度に一人の患者を対処するようなもので、一人一人に十分に集中して、前の患者や次の患者について考えないことと似ています。医者は1日の間に数多くの患者を診察しますが、一度に一つのことに集中しています。集中にはこれがより良いのです。

しかし、これは非常に挑戦的なことです。私ごとですが、ウェブサイトに関して、多くの言語を始め、膨大な異なる作業に対処しています。一つのことに焦点を当て続けることがとても困難です。同時に数多くのことが舞い込んできます。複雑なビジネスに関わる人も同じことです。集中は段階ごとに発展させることができます。

まとめ

集中するために障害を取り除くことは、実に幅広いものです。簡単な方法は、作業中は携帯電話を切ったり、1日のうちに一度か二度決められた時間に電子メールをチェックするなどして、自分がやる必要のあることに十分に集中することができるようにすることでしょう。それは医者や大学教授が決められたオフィスの時間を持つことに似ていますが、いつでも訪問していいのではなく、彼らが対応できる限られた時間があるのです。これは集中を発展させることを助けるので、私たちも自分自身に対して同じことをすることができますし、またそうすべきです。

社会的な発展を見てみると興味深いものです。以前は、集中への主な障害は私たち自身の精神的(メンタル)な状態で – 心のさまよい、白昼夢などでした。現在では、たくさんのことがありますが、これらの多くは携帯電話、Facebook や電子メールなどの外部の原因です。これらの全てに圧倒されないためには努力がいるのですが、これを可能にするためには実際にこれらの媒体の実際に有害な点を認識する必要があります。数多くの人々が体験する最も明らかなことは、注意を持続する時間が短くなりつつあることかもしれません。ツイッターは文字数が限られていて、Facebookのフィードは定期的にアプデートしています。全てが素早く、何事にも注目することができず、全てが目まぐるしく変化して、集中力にとって有害な悪い習慣を築きます。これは注視しなくてはいけません。

Top