十の破壊的な行動(十不善)を避ける

私たち全員が自分自身のウェルビーイングを向上させることを好みますし、私たちのほとんどが他者とより健全でより満足のいく関係を発展させたいと望んでいます。これはどこからともなく現れるのではなく、倫理が要求されます。それは害のある行動を慎んで、その代わりに建設的で利益(りやく)のあるやり方で行動することを意味します。私たちは怒りや貪欲などのような心を乱す感情(煩悩)- それは私たちが心の平安や自己制御(セルフ・コントロール)を失う原因になります - の影響の下で、破壊的な行動をとります。私たちは強迫衝動的にネガティブな習慣を行動に出し、単に他者を害するだけでなく、最終的には自分自身も害するので、自分自身の行動が長期の不幸の原因になります。他方で、私たちがセルフ・コントロールを働かせて慈愛と慈悲と共に行動すれば、他者にとっても自分にとっても信頼のおける友人となり、自然により幸福な人生を送れるでしょう。

破壊的な行動の定義

それぞれの倫理体系は、何が許容され何が許容されないのか異なるアイデアに基づいて、それぞれに破壊的な行動のタイプ(種類)のリストがあります。宗教的そして世俗(一般市民)的な行動の体系は、天国の権威や、元首、あるいはある種の立法機関により定められた法や法律を基盤にしています。私たちがそれに従わないときは、罪を犯した(有罪)のであり罰される必要がありますが、従えば天国で報われ、あるいはこの人生で安全で調和した社会に報われます。人道主義の体系は他者を害しないことに焦点を当てますが、これもまた問題があります。誰か他の人に対して何が本当に害するのか、あるいは助けとなるのかについて、私たちはいつも判断を下せるのでしょうか?例えば、誰かに怒鳴ることはその人の気持ち(フィーリング)を害するかもしれませんが、あるいは彼らが何らかの危険を避ける助けとなるかもしれません。

仏教の倫理は、自己破壊的な行動 – 特に長期において害となるやり方で行動すること – を慎むことを強調します。道路で必死になって自分を追い越そうとしているドライバーに対して私たちが怒鳴るならば、しばらくは気持ちが良くなるかもしれませんが、それはまた私たちの心を揺さぶり気(エネルギー)も揺り動かされ、心の平安を失う原因にもなるでしょう。私たちが怒鳴る習慣を身につければ、どのような不便なことに対しても、動揺なくしては容認できなくなりますが、これは他者との関係にダメージを与えるだけでなく、自分自身の健康も害します。



他方では、私たちの行動が、慈愛と慈悲と理解を伴い、他者への心からの思いやりに動機づけられるならば、私たちは自然と怒鳴りたいという気がしたとしても、そうすることは自然と避けるでしょう – 愛想よくそのドライバーに追い越させるでしょう。結果としては、ドライバーはハッピーに感じ、私たちもまた静かで穏やかであり続け、心は基本的には幸福な状態であり続けるので利益(りやく)を得ます。私たちは叫びたいという衝動を抑えて、結果的にフラストレーションを抱えるのではありません。むしろ、道路にいる誰もが同等に、なるべく早く自分の行き先にたどり着きたいのだと見極め、自分たちの運転をレースに仕立てようとすることが、いかに馬鹿げていて意味がないことかを理解するのです。

破壊的な行動は、心を乱す感情(煩悩)とネガティブな習慣の影響の下に、強迫衝動的に行為することであると仏教では定義します。私たちは何が害することで何が助けとなるかについて正しく判別しませんが、それはただ何がベストなのかを知らないか、おそらく知っていても、セルフ・コントロール(自己制御)が完全に欠如しているのです。主な心を乱す感情は貪欲と怒りと、それに加えこれらの問題を作り出す感情に突き動かされているときの、自分の行動の取り方、話し方、考え方のもたらす結果についての無知さです。さらには、私たちはしばしば自分には価値があるとのフィーリング(自負心)にも欠けることがあり、自分がどのように行動するかに関して何の関心も持ちません。私たちは何であれの態度をとりますが、どう着飾るかとか、髪型はどうかとか、誰が自分の友人なのかなどのわずかな上部のこと以外は何でもいいのです。自分の行動が自分の世代全体に、民族に、国家に、宗教に、あるいは自分が属するグループが何であれ、それらにどう反映するのかなどはもちろん気にもかけません。私たちは自己尊厳や自尊心に欠けています。

十の破的な行動(十不善)の伝統的なリスト

多くの身体上の(身)、口頭上の(言葉による、口)、精神的(メンタル、意)な破壊的な行為があります。仏教では十の最も害のあるものを叙述しています。それらはほとんどの場合が心を乱す感情、恥のなさ、きまりの悪さのなさ、そして単に気にかけないことで生じるために害があるのです。それらは奥深く染み込んだ習慣(習癖)から生じ、その結果として私たちのネガティブな傾向を強化させます。長期にわたれば、私たちの破壊的な行動は、自分自身に問題を作り続けていくような不幸な人生という結果になります。

破壊的である身体上の行動(身)の三つのタイプがあります。

  • 他者の生命を奪う(殺生) – 他の人間に始まり一番小さな昆虫まで。結果として、私たちは不快と思えるものに対して、何の寛容さも持っていません。自分が好きでないものに対する私たちの即座の反応は、叩き潰して破壊することで、戦いになることがよくあります。
  • 自分に与えられていないものを取ること(偸盗– 盗んだり、借りたものを返さなかったり、許可なく誰かに属するものを使用したりなどです。結果として、私たちはいつも貧乏で犠牲者だと感じ、誰も私たちに何も貸さず、私たちの他者との関係は、主として相互排他に基盤を置くようになります。
  • 不適切な性行動に携わる(邪淫) – 強姦、姦通/密通、近親相姦など。結果として、私たちの性的関係はほとんどが短期的で自分やパートナーは共にお互いをただ客観化し、基本的には卑猥なものに魅惑されるようになります。

破壊的である口頭上の(言葉による)行動(口)の四つのタイプがあります。

  • 嘘をつくこと(妄語) – 本当ではないことを知りつつ言ったり、他者を騙すことなどです。結果として、誰も私たちが言うことを信じたり信用などしてくれませんし、私たちも彼らが言うことを信用しないので、私たちは現実と自分自身の虚構の違いがわからなくなります。
  • 不和を生じさせるようなことを言うこと(両舌) – お互いが仲違いをするように、あるいは既に仲の悪い者たちの仲をさらに悪化させるために他者の悪口を言うこと。結果として、私たちの友人たちは自分がいない時には自分の悪口を言うのだろうと考えるため、私たちの友情は長続きせず、私たちには親友はいないので、孤立して孤独だと感じます。
  • 乱暴に喋ること(悪口)– 他者の気持ち(フィーリング)を傷つけるようなことを言うこと。結果として、人々は私たちのことを嫌いで避けます。一緒にいる時でも、他者はリラックスできないで、私たちに同じように意地悪なことを言い返したりして、私たちはさらに孤立して孤独になります。
  • 意味のないおしゃべり(綺語) – 自分自身や他の人々の時間を意味のないおしゃべりで無駄にして、他者が何かポジティブなことをしている時に私たちの意味のない話で邪魔します。結果として、誰も私たちを真剣に受けとめず、どのような仕事でも、数分ごとに手に持っているデバイスをチェックしないではいれず、注意を当て続けることができず、私たちは意味のあることを成し遂げることができません。

破壊的である考え方(意)の三つのタイプがあります。

  • 欲張りな思い(慳貪)– 嫉妬のため、誰か他の人が持っている物とか才能を、あるいは相手を出し抜くためにそれ以上のものを、どうすれば得ることができるかと強迫的に考えたり計画したりすること。結果として、私たちは決して心の平安や嬉しさを得ることはできません、なぜなら私たちは他者の獲得したものについてのネガティブな思いでいつも悩まされるからです。
  • 悪意のある思い(瞋恚) – どのようにして誰かを傷つけようかとか、誰かが言ったりやったりしたりしたことに対して、どのようにして仕返ししようかとか考えたり計画すること。結果として、私たちは決して安全だと感じることはなくリラックスすることもできず、いつもパラノイアと恐れの中で生活し、他者も自分に対して何かを企んでいると恐れています。.
  • 歪んだ敵対意識(邪見) – 真実で正しいことと反対のことについて頑固に考えるだけでなく、心の中で自分と賛同しない他者と討論し、強引なやり方で彼らをやり込めることを考えることです。結果として、私たちはさらに閉鎖的な心を持ち、どのような助けになる提案や助言も完璧に受け入れることができなくなり、いつも自分のことだけを考え、自分はいつも正しいと考え、無知で馬鹿な状態のままです。

宗教的な背景や信仰に関係なく、これらの10項目を避けることは、より幸福な人生を送りたいと願う誰にとっても適切なことです。

破壊的行動の十の幅広いカテゴリー

十の破壊的な行為は私たちが避ける必要のある行動の幅広いカテゴリーを提案します。私たちは自分の行動とその結果についてできる限り幅広く考える必要があります。ここにいくつかの例をあげましたが、私たちの一人一人がこのリストを推敲できると確信しています。

  • 他者の生命を奪(殺生) – 人々を叩いたり乱暴に扱うこと、肉体的な作業をしている人が助けを必要とする時に無視すること、病気の人や年老いた人と歩く時に足早に歩きすぎること、そして環境を汚染することや、特に子供などの喫煙しない人の近くでタバコを吸うことを含む身体的な害の原因となること何でも
  • 自分に与えられていないものを取ること(偸盗 – インターネットから違法にマテリアルをダウンロードすること、盗用すること、詐欺、脱税すること、他者のプライバシーに踏み込むこと、そして自分のパートナーや友人の皿から聞かずにこっそり味見すること
  • 不適切な性行動に携わる(邪淫) – 性的に誰かに嫌がらせをすること、性交中にパートナーのニーズを無視すること、愛情を表現しないまたは表現しすぎること
  • 嘘をつくこと(妄語) – ある人との関係で自分の本当の気持ち(フィーリング)や意図についてだますこと
  • 不和を生じさせるようなことを言うこと(両舌) – 誰かが関わっているまたはそうしようと計画しているポジティブなまたは倫理的に中立なことを批判して、そうすることをくじくこと
  • 乱暴に喋ること(悪口) – 人々に怒鳴ること、攻撃的なトーンで喋ること、ある人が感情的に抵抗力のない時にその人に同情的ではなく批判的に喋ること、不適切な同伴者の前で、あるいは不適切な時に、下品な言葉や皮肉な言葉を使うこと
  • 意味のないおしゃべり(綺語)– 他者の信頼に背き、他の人たちに彼らの個人的な秘密を漏らすこと、つまらないことについて、特に夜中に、他者にメッセージを送ること、ソーシャルメディアに自分の日々の生活の些細な側面について写真やコメントをポストすること、他者が喋っている途中で話し終える前に邪魔をすること、真剣な会話の時につまらないことを言ったりバカなことを言ったりすること
  • 欲張りな思い(慳貪) – レストランで一緒に食べている人が注文した食事の味見をさせて欲しいと望むこと、他者がエキサイティングで素晴らしい時間を過ごした時について、ソーシャルメディアで写真を見たりポストを読んだりして、自分のことを不憫に思い、羨望から自分もポピュラーでハッピーにいれたらなあと望むこと
  • 悪意のある思い(瞋恚) – 誰かが私たちにひどいことを言い、自分は言葉を失った時、その後にその人を傷つけるために何を言い返すべきだったかを心の中で繰り返し考えること
  • 歪んだ敵対意識(邪見) – 自分でどうにかなると思えることに誰かが助けようとする時、その人についてネガティブで敵意を抱いた思いを持つこと、自分が興味のないあるいは重要ではないと考えていることで、害はないことを誰かが向上させようと努力することを、なんてバカなのだろうと考えること。

自分自身に対して破壊的に行動する

私たちが自分自身に対して行動するときには他者に向かっているときと同じように破壊的になれます。より幸福な人生を送るには、私たちはこれらのネガティブなパターンに気づき正そうと努力する必要があります。ここでも、十の破壊的な行動の取り方は、私たちが止める必要のあるタイプの行動を示唆します。

  • 他者の生命を奪う(殺生) – 仕事のしすぎや、十分に食べないことや、運動をしない、十分な睡眠をとらないなどと身体的に自分自身を乱暴に扱うこと
  • 自分に与えられていないものを取ること(偸盗 – 大したことのないものに金を浪費するとか、十分に払えるのに自分自身のために金を使うときにケチになること
  • 不適切な性行動に携わる(邪淫) – 自分の健康を損なうような性行動に携わるとか、ポルノで自分の心(マインド)を汚染すること
  • 嘘をつくこと(妄語) – 自分の気持ちや動機について自分自身を欺くこと
  • 不和を生じさせるようなことを言うこと(両舌) – いつも文句だけを言うなどと不快な喋り方で、他者が私たちと一緒にいることを不愉快だとして一緒にいることを避けること
  • 乱暴に喋ること(悪口) – 自分自身を言葉で虐待すること
  • 意味のないおしゃべり(綺語) – 自分の個人的なことや、疑念や心配事を差別なく話したり、ソーシャルメディアを見るのに何時間も時間を浪費したり、意味のないビデオゲームをやったり、インターネット・サーフィングをすること
  • 欲張りな思い(慳貪) – 完璧主義者のため、自分自身をどう打ち負かすかを考えること
  • 悪意のある思い(瞋恚) – 自分はいかにひどいのかと罪の意識に苛まされ、自分は幸福になる権利などないと考えること
  • 歪んだ敵対意識(邪見) – 自分自身を向上させることや、他者を助けようとすることはバカなことだと考えること。

自分の破壊的なパターンを対処するやり方

私たちが過去に自分が取った破壊的な行動のすべてを見始めてみるときは、自分自身についてネガティブに感じることを避けることが重要です。罪の意識で身動きが取れなくなる代わりに、私たちは自分がやったことは無知によるもので、自分の行動の効果について知らなすぎたとのだと認めなければなりません。私たちは生まれつき悪いからではなく、強迫衝動的に自分の心を乱す感情(煩悩)により突き動かされていたのです。私たちは自分がしたことを後悔する気もちになり、それが起きなければよかったのにと望みますが、過去を変えることはできないと気がつきます。過ぎたことは過ぎたのです – しかし、ここでそのような行動は繰り返さないように最大限努めると決心できます。それから、私たちが自分の生活の中で取ろうと努力しているポジティブな方向 - それは慈愛と慈悲を基盤とします - を再確認し、できる限り建設的な行動に携わるように努力します。こうして、ネガティブな力に対するバランスを取ろうと、さらにポジティブな習慣を築き、最終的には強引なネガティブな力に打ち勝つのです。

それから、私たちは自分が境遇する人々やイベントへの反応をスローダウンし始め、これまでの習慣から何か破壊的なことをしたい気がするときと、実際にそれを行動にとる間の自由な空間をキャッチできるようになります。その瞬間を、何が助けとなって、何が害となるのかを決定することに使い、私たちが何か破壊的なことをやったり、言ったり、考えたりすることを避ける手助けにします。インドの偉大なる師であるシャーンティデーヴァは「木材のようになれ」と勧めましたが、理解と慈愛と慈悲と自分自身や他者への尊敬の思いでそうすることができます。何かを押さえつけているのではありません、そうすればただ不安になり緊張するだけですから。賢い慈悲の心で、私たちは後に後悔するようなことをやったり言ったりするように自分を掻き立てるネガティブなエネルギー(気)を退散させます。そして、私たちはポジティブな感情と理解を基盤に、建設的なやり方で行動する自由を得るのです。

まとめ

私たちが破壊的な行動を避けるときは、単に他者を利益(りやく)するだけではなく、究極的には自分自身のためになります。自分自身の行動が自分自身の不幸の原因であると分かるときには、私たちは自然に – 実際のところ、破壊的でネガティブな習慣と行動を避けることに喜びを感じるでしょう。そのような習慣を強化することを止めれば、私たちは自分自身に対してより平安を感じ、私たちの他者との関係は改善しもっと心から誠実なものになれるでしょう。私たちが本当に心の平安を望むのであれば、自分自身から破壊的に行動し、喋り、考えるようなやり方を追い出そうと努力することが必要です。そうすることで私たちの人生はとてつもなく向上するでしょう。

Top