三十七の菩薩の実践 – 直訳版

ロケーシュヴァラに敬意を表します。

すべての現象は去ることも来ることもないと見てさまよう者たちの利益のためだけに努力する至高の師たちと守護尊である観自在菩薩に三門を通して常につつしんで礼拝いたします。

御利益と幸福の源である完全に悟った諸仏陀は神聖なる仏法を(自ら)実際に行ったことにより仏陀になりました。さらには、それは彼らが仏法の実践は何かを知ることに依存するので菩薩の実践/修行について説明しましょう。

人間の貴重な生

(1) この時点(今生)で有瑕具足を備えたこの得難い偉大な船(人間への転生)を得たのだから制御なく繰り返す輪廻の海より自分と他者を解放するために昼夜を問わず揺らぐことなく聞き(聞)考え(思)瞑想(修)することが菩薩の実践です。

人間の貴重な生の活用のために最も良い状況

(2) 友の側への執着が水のように私たちを動揺させ敵の側への怒りが火のように私たちを焼き焦がしそして無知が何を取り入れ何を捨て去るかを忘却させる。そのような場所である故郷を離れることが菩薩の実践です。

(3) 有害な対象を取り除くことで心を乱す感情や態度(煩悩)は次第に妨害される。邪魔がなくなれば、私たちの建設的な実践は自ずと増える。そのような場となる隠遁に頼ることが菩薩の実践です。

死と無常

(4) 今生の友や長く一緒にいた親戚はそれぞれの道に分かれていき努力して集めた富や財産は後に残さなければならないし客である意識はその宿である身体を離れなければならない。今生にのみに完全に関心を寄せることを止めることが菩薩の実践です。

適切な友を持つことの大切さ

(5) 悪友は交わると、自分の三毒(貪、瞋、痴)の感情が増えてしまい聞き(聞)考え(思)瞑想(修)する行は減少し愛と慈悲は皆無となる。そのような悪友を捨て去ることが菩薩の実践です。

(6) 神聖な精神面での教師(善友)に自分を委ねれば自分の欠点は消滅していき 善き資質(功徳)は上弦の月が満ちていくように増大する。そのような師を自分の身体よりも大切にすることが菩薩の実践です。

安全な方向(帰依)

(7) 自らも輪廻の牢獄に未だ捕われている世俗の神々は一体誰を守護できるのか?それ故、決してだまされることのない至高の三宝に守護を求めることで安全な方向を取ることが菩薩の実践です。

破壊的な行動を避けること

(8) 悪趣への輪廻転生での極めて堪え難い苦しみはネガティブな行為の結果であると 釈迦牟尼(聖者)は宣言したのだから 命をかけても決してネガティブな行為を犯さないことが菩薩の実践です。

解脱のために取り組むこと

(9) 切迫衝動的な存在である三界での快楽は草の葉の先端の露のように ほんの一瞬にして消滅する現象なのだから至高なる不変の解脱の境地に強い関心を持つことが菩薩の実践です。

菩提心の目標を発展させること

(10) 無始以来、私に親切にしてきた母なる者たちが苦しんでいるのであれば自分だけの幸福だけで何ができるのか?無限の衆生が解脱するという菩提心の目標を発展させることが菩薩の実践です。

自他の交換

(11) 自分のすべての苦しみは、例外なく個人的な幸せを欲することから生じるのだから完全に悟った仏陀は他者の良い状態を願う態度から生じるのだから純粋に自分の個人的な幸せを他者の苦しみと交換することが菩薩の実践です。

菩薩の行い 害に対処する

(12) ある者が大きな欲望に圧倒され 私のすべての富や財産を盗んだり 他者にそうするような原因を作ったとしてもその者に自分の身体、資産、建設的な行為を捧げることが菩薩の実践です。

(13) 私自身には何の過ちもないのにある者が私の首を切り落とそうとしても慈悲の力を貫いてその者のネガティブな結果を自分に受け入れることが菩薩の実践です。

(14) ある者が三千大世界に私についてありとあらゆる心地良くないことをふれ回ったとしても慈しみの態度を保ちその者の善き資質(功徳)について述べることが菩薩の実践です。

(15) 多くのさまよう者たちの集まりの真ん中で ある者が私の過失を暴露したり(私について)汚い言葉を使うとしても精神面での師だと識別してその者に敬意を持ってお辞儀することが菩薩の実践です。

(16) 私が世話をして、自分の子供のように大事にした者が私を自分の敵と見なしたとしても母親が病に倒れた我が子に対するように その者に特別の好意を抱くことが菩薩の実践です。

(17) 私と同等か私に劣る人が 高慢の力をかりて私を軽蔑して扱おうとしても上師の時のようにその者に敬意を持って頭頂に受け入れることが菩薩の実践です。

仏法の実践が要求される二つの重大な状況

(18) 生活に貧窮しいつも人々に軽蔑されていても 恐ろしい病に冒され、悪霊に憑かれていても引き換えにすべてのさまよう者たちのネガティブな力と苦を受け入れ落胆しないことが菩薩の実践です。

(19) 甘い言葉で賞賛され多くのさまよう者たちが頭をたれ挨拶しても 毘沙門天(富の守護尊)の財宝に等しい富を得たとしても世俗の幸運には本質がないと分かり決してうぬぼれないことが菩薩の実践です。

悪意と愛着/執着を乗り越えること

(20) 自分自身の悪意と言う敵を制圧しなければ外部の敵を制圧したとしてもさらにやってくるのだから愛と慈悲の軍隊で自分の心相続を調教することが菩薩の実践です。

(21) 欲望の対象は塩水のように思いのまま飲めば飲むほど渇き(渇望)は増すだけだから自分の執着と愛着を増大させるようなどの対象をもすぐさま捨て去ることが菩薩の実践です。

最も深甚な菩提心と空性の理解を発展させること

(22) 事象がどのように現れようが、それは自分の心から生じたものですそして心そのものは始めから心的捏造(戯論)の両極端から離れています事象の在り方を理解することで対象の本質的な性質とそれを生じさせる心にとらわれないことが菩薩の実践です。

(23) 心地よい対象に出会うときは夏の虹のようにどれほど美しく現れようともそれらに実体があるとは見なさずそれ故自分自身から執着と愛着を捨て去ることが菩薩の実践です。

(24) 逆境に遭遇する時にはさまざまな苦しみは夢の中での我が子の死のように錯覚だと分かりそのような錯覚を真とすることはただ疲れるだけの浪費と受け止めることが菩薩の実践です。

六波羅蜜(六つの彼岸へ到ろうとする態度)

(25) 悟りを得ようと望む者は自分の身体さえも与えなければならないのだから外界の所有物などなおさらのことだと見返りや業の果報を期待せずに寛大に与えることが菩薩の実践です。

(26) 倫理的な規律なしに自分自身の目的を叶えることはできないのだから他者のための目的を叶えることの望みなどは冗談でしかない。世間への関心抜きに自己規律を守り抜くことが菩薩の実践です。

(27) ポジティブな力の富を望む菩薩にとっては害を作りだす者のすべてが宝珠の財に等しいのだから誰にも悪意や嫌悪心を持たずに忍耐を修習し習慣として蓄積することが菩薩の実践です。

(28) 己のためだけに成就しようとする声聞や独覚でさえ自分の頭に突然おきた火事を無視しようと必死に精進するのだからすべてのさまよう者たちの目的のための良き資質の源である 精進を喜んで行ずることが菩薩の実践です。

(29) 完全に穏やかで落ち着いた状態(止)を授かった例外的に知覚的な心の状態(観)が 心を乱す感情や態度を完全に克服できることを知り四無色定を純粋に超越できる禅定を修習し習慣として蓄積することが菩薩の実践です。

(30) 判別する認識(智慧)なくしては五つの彼岸に到ろうとする態度だけでは完全な悟りの成就をもたらすことはできない故方便を伴う三輪について概念のない判別する認識(三輪無分別智)を修習し習慣として蓄積することが菩薩の実践です。

菩薩の日々の実践

(31) 自分自身の自己欺瞞を調べなければ 外面上は仏法のかたちを持ちながら 非仏法のことを犯すことが可能な故自分自身の自己欺瞞を継続して調べて取り除くことが菩薩の実践です。

(32) 心を乱す感情や態度(煩悩)に圧倒されると菩薩である他者の欠点について話し 自分自身が退行することになる故大乗行に入った者の欠点について口にしないことが菩薩の実践です。

(33) 報酬と敬意を欲しがることに圧倒されると互いに争い聞き(聞)考え(思)瞑想(修)する行為はおろそかになる故自分自身から親戚や友の家や支援者の家への執着を捨て去ることが菩薩の実践です。

(34) きつい言葉は他者の心を乱し 菩薩としての自分の生き方が退行する原因となる故 他者の心を不快にするきつい言葉を(自分自身から)取り去ることが菩薩の実践です。

(35) 心を乱す感情や態度(煩悩)が習慣となれば 対抗する力でそれらを退散させるには困難な故 執着などの心を乱す感情と態度が生じるがいなや手厳しく打ち砕くため 対抗の武器を持つマインドフルネスと正知を持つことが菩薩の実践です。

(36) どこであろうが自分の従う行動がどのコースを取ろうが 自分の心の状態がどういうものかを知るマインドフルネスと正知を継続して保ち手短には、他者の目的を叶えるために取り組むことが菩薩の実践です。

(37) 数限りないさまよう者たちの苦しみを取り除くためにこのような努力(精進)によって得られた建設的な力(善)を三輪の完全な清浄さを判別する認識(三輪無分別智)で 悟りのために廻向することが菩薩の実践です。

結論

経とタントラと論書での神聖なるものたちの言葉に従うことでそして宣言されたことの意味に従うことで菩薩道で訓練したいと望む者たちの目的のために 私はこれらの菩薩の実践/修行の三十七項目をまとめました。

私の知性は不十分で教育は乏しいので博学者を喜ばせるような詩的な韻律(詩韻)を踏んでないかもしれないが経典と神聖なるものたちの言葉に頼ったのでこれらの菩薩の修行/実践は間違っているとは思いません。

それでも、私自身のように機智に疎いものには菩薩行の偉大な波の深さを計り知ることは困難なので矛盾、関連のなさなどの私の過失の多さに対して神聖な者たちが忍耐することを要請します

これにより生じる建設的な力により、すべてのさまよう者たちが至高の深甚なる菩提心と慣例/世俗の菩提心を通して切迫衝動的な輪廻の存在と涅槃の満足の両極端に決してとどまらない守護尊の観自在菩薩と同等になれますように

これはグルチュー地方のリンチェン洞穴において、比丘で経典と論理の教師でもあるトクメーにより、自分自身と他者の利益のために作成されました。