七支分の祈り

私は浄化の状態まで、仏陀、仏法と高度な集会による安全な方向を取ります。布施などのポジティブな力によりさまようものを助けるために仏陀の境地を実現できますように。

全ての方向において地の表面が小石もなく、清浄でありますように、子供の手のひらのようにスムーズで、 緑柱石のように自然と輝きますように。

聖衆と人の供物の 実際に供えられたものと心に描かれたものが 何にも勝る普賢の供養の雲のように、虚空を完全に満たしますように。

(1) 仏法(ダルマ)に、高度な集会(サンガ)に三世にわたり恩寵したすべての仏陀に礼拝します。仏法に、高度な集会に世界のすべての原子の数ほどの限りない身体で礼拝します。

(2) 文殊菩薩や他の者があなたに供養しました それと同じように、勝者よ、そのように行かれた守護尊に そしてそのスピリチュアルな子孫に私もまた供物を捧げます。

(3) 無始以来の輪廻の存在を通して、今生と他生において、私はネガティブな行いを知らず知らずに重ね、または他者がそうする原因となりました、そしてさらには、無知の混乱に圧倒され、自分のやった事が何であれ随喜してきましたが、それらが間違いと分かり心の奥深くから私の守護尊であるあなたに 素直に公表します。

(4) 喜んで、ポジティブな力の海に随喜します。あなたが菩提心の目標を発展させどの有情にも喜びをもたらすこととそして有情を支援したその行いまでを。

(5) 合掌して嘆願します。すべての方向におられる諸仏陀よ暗闇の中で苦しんで手探り状態の全ての有情をどうか仏法の灯りで照らして下さい。

(6) 合掌して嘆願します。深い悲しみを乗り越えた勝者よ、これらのさまよう者たちが盲目の中に残されないよう永劫の時にとどまりますように

(7) 私が築き上げてきたポジティブな力が何であれそのようにしてやってきたことすべてを通して生きとし生ける有情のすべての苦しみを私が取り除けますように

香る水と花をまき散らし、須弥山と四洲と日月を備えたこの土台を、仏田へ向かい供養することですべてのさまよえるものが浄土へと導かれますように。




オーム・イダム・グル・ラトナ・マンダラカム・ニルヤターヤミこの曼荼羅を貴き上師に捧げます。

Top