物質主義に対処する方法

物質的な物は、精神的な快適さではなく肉体的な心地よさをくれるだけです。物質主義の人の脳も私たちの脳も同じですから、共に、心の痛み、孤独感、恐れ、疑い、嫉妬などを経験するわけですが、こういったことは誰の心をも乱します。お金でも取り除くことは不可能です。心が乱された人、過度のストレスを抱える人の中には薬を服用する人もいますが、一時的にストレスを減らせても、多くの副作用が起こってしまいます。おそらく心の平安を買うことなどできないでしょう。誰も売ってはいないのに、誰もが心の平安とうものが欲しいのです。非常に多くの人々が精神安定剤を飲みますが、ストレスを受けている心への真の薬は慈悲心です。ということですから、物質主義の人々には慈悲心が必要です。

ビデオ : ツェンシャブ・セルコン・リンポチェ2世 — 自分に対する慈悲の重要性
字幕を表示するには、ビデオ画面の右下にある「字幕」アイコンをクリックして下 さい。字幕の言語を変えるには、「設定」アイコンをクリックし、「字幕」をクリ ックして表示言語を選んで下さい

心の平安は健康のための一番の薬で、肉体的要素のバランスをより良くします。睡眠を十分に取ることにも同じことが言えます。心穏やかに眠りにつけば、全く不安にならず、睡眠薬を飲む必要などありません。実に多くの人々がきれいな顔を持ちたいと一生懸命ですが、怒ったら、顔にどれだけ化粧をしてもどうにもならず醜いままです。ところが怒りなどみじんもなく、笑顔でいられれば、その顔も魅力的で、もっと素敵に見えるのです。

慈悲深くいられるように一生懸命努力すれば、怒りがこみあげてきた時でもほんの短い時間ですみます。それは強力な免疫力を持つようなものです。ウイルスが来ても、たいしたことにはなりません。ですから、ホリスティックな視野と慈悲心が必要なのです。そうすれば、すべての人々との絆という概念になじんで分析を行うことを通して、私たちはもっと強くなれるのです。

私たちみな、善良という同じ潜在的可能性を秘めています。ですから、自分自身を見てみて下さい。すべての肯定的な可能性を見てください。否定的なものもそこにはあるでしょうが、善きことへの可能性もまたそこにあるのです。人間の本性は否定的というよりは、もっと肯定的なものです。私たちの人生は慈悲心と共に始まります。慈悲心の種は、怒りの種よりももっとしっかりしたものです。ですから、もっと自分自身のことを肯定的に見てください。そうすれば穏やかな気分になれて、問題がやってきてももっと楽になります。

偉大なインドの仏教の師であるシャーンティデーヴァは次のように著しています。問題に直面しそうになったら、分析し、その結果、回避するか克服する方法が見つかれば、心配する必要はない。逆に克服できないのであれば、案じても何の助けにもならない。現実を受け入れよと。

Top