不安に対処する方法


ビデオ : ダライ・ラマ法王14世 — 楽観的でいる
字幕を表示するには、ビデオ画面の右下にある「字幕」アイコンをクリックして下 さい。字幕の言語を変えるには、「設定」アイコンをクリックし、「字幕」をクリ ックして表示言語を選んで下さい

世界はしばしば気が狂った場所のように見えます。ニュースをつければ、テロリストが今にも攻撃するところ!経済は大惨事!そして環境は – 聞かないで下さい。これだけで週の残りの日々をベッドの中で過ごしたくなります。

しかし、これは単に外の世界のことです。私たちは自分自身の生活にも対処しなくてはなりません。次の休みはどこへ行こうか?自分も必死になって欲しがっていた昇級を得たばかりのあの同僚と、どう対面すれば良いのだろうか?自分の生活で、実際に何をするのか?

若いころは、自分の望むもの、何にでもなれると教えられました。「あなたの夢を追いなさい」と言われました。しかし、私たちの何人が自分の夢を生きているのでしょうか?実際に夢を生きている人をうらやましく思いながら、私たちの何人が、ソーシャルメディアのフィードをスクロールするのでしょうか?ビーチでの休日や完璧な白い歯は - 自分が殺風景なオフィスに閉じ込められている間にも、彼らは人生の鍵を見つけたのです。

この「幸福」のアイデアは、おとぎ話か単に広告のスローガンのように思えます – 特に指定されていない将来のある日を楽しむために、今は何かに仕えるのです。しかし、どんなに一生懸命働いても、幸福は保証されません。ある人々は博士号を得ても、結局はマクドナルドで働くことになり、他の人々はとてつもなく金持ちで有名になっても、結局は鬱になり自殺することになります。このすべてが私たちの人生を不安にしますが、それはさらに社会の不安につながり、そこでは私たちは絶え間なく自分と他者を比較します。誰かと目線があうと心地よくなく不安定に思え、スマホのスクリーンの背後に隠れようとします。  

これは私たちの時代のペストです。AIDSや癌や鬱病ほど危険ではないと思うかもしれませんが、不安は私たちのエネルギーをすっかり抜き取り、楽ではないという一定した背後のフィーリングを生み出します。それがテレビの新しいシリーズやFacebookのフィードをスクロールすることで気をそらすように私たちを仕向けるのですが、その理由は私たちが自分の思いを一人では絶えられないからです。物事に絶えられるようになるには、イヤホーンと一定して流れる音楽が必要なのです。
このようになる必要はありません。私たち全員が、自分の人生で持っているものをありがたく思うべきだと、自分を他者と比較してはいけないことは知っています。では、これは実際に何を意味するのでしょうか?どのようにして不安を乗り越えるのでしょうか?

一歩下がる

私たちは一歩下がって、自分の人生を分析することが必要です。つまらなさそうですが、これを省くわけにはいきません。自分の人生から何が欲しいのですか?誰にでも当てはまる正しい方法はありませんが、私たち以前に同じ道を歩んだ先人たちがいます。ロックスターになりたい人もいるでしょうが、一日中24時間、週7日間(24/7)と自分を追い回すパパラッチに本当にハッピーでしょうか?ロックスターは月日が経つうちに幸せになるのでしょうか?何回、アルコールや薬物に走ったのでしょうか?そこで、そのために自分の時間とエネルギーを喜んで費やすかどうかについて考えなくてはなりません。

手本となる人を見つける

もし私たちが人生をより幸福にしてより有意義なものにする生き方を見つければ、次のステップはそれを体現する人を見つけることです。偉大な音楽家になるには、練習する必要があります。サッカー選手になるには、練習する必要があります。ただ歩くためにも、練習する必要があるのですが、今ではもう覚えてないかもしれません。ここでのメッセージは、原因なしに結果はないということです。人生でどこかにいたるには、献身が要ります。手本となる人(ロールモデル)は私たちにヒントを与え、重大なインスピレーションの源となるでしょう。

他者を助ける

自分自身の思いや欲望に夢中になることはとても簡単です。私たちは主に自分が人生から何が欲しいのか、必要なのかと考え、誰かが邪魔するたびに、訳が分からなくなります。不安の大部分は孤独だと感じることですが、他者とつながる最善の方法は、彼らのことを本気で気にかける/思いやることです。自分のことを考えるだけならば、惨めになるだけでしょう。心を込めて他者を助ければ、私たちの不安は和らぎ幸福が増すと科学的にも証明されています。

何か大きなものである必要はありません。うっとうしい日は誰かに微笑むとか、ただ誰かに心から感謝することで、両者の意気を高めることができます。これを義務感から行わないで、誰かの一日を明るくしたいと本気で欲して行って下さい。後に、自分の心理(メンタル)状態に何が起きるのかを見て下さい。

自分は何者かをさとる

私たち全員が自分は独特(ユニーク)だと思いたがりますが、これは私たちがみんな同じだと証明するだけです。私たちが「あなたは何者かをさとれ」と言うときには、本当は自分が何者かを理解することについてなのです。私たち全員が問題を持っていますし、完璧な人生など在りません。自分が考えることのすべてを信じないで下さい!
自分が良く撮れていないと思う写真を誰にも見せないでしょうが、他の人々も同じことをします。私たちはみんなの前で笑いものされることを怖れますが – 何だと思いますか? - 他のみんなも同じなのです。私たちは上辺では完璧に見える生き方があふれる時代に生きていますが、罠にはまってはいけません。これらのポイントにマインドフルであり続けて、心から他者に幸福をもたらそうと努力して、自分自身の人生を有意義にしようとはたらけば、私たちの不安は徐々に消え去るでしょう。

Top