仏教による幸せのための8つの秘訣

幸福は、何が起きていようとも、私たち全員が感じていたいものです。しかし、人生で起きることが何であれ、どのようにそれを対処できるような基本的に幸せな人になれるのでしょうか?ここでは、仏教のヒントのいくつかを紹介します。

  1. 毎日、静かな時間を作る呼吸に焦点を当てることで落ち着く。
  2. 他者といるときは、自分がどう行動し喋るか(言動)にマインドフルになる。一人のときは、心の中で起きていることにマインドフルになり、建設的なやり方で行動し、喋り、考えようと努力する。
  3. 毎日、誰かに何か良いことを行う彼らの幸福のために誠実な関心を持つ。
  4. 他者に寛大になるあなたの自尊心を高める。
  5. 自分自身と他者の強みに焦点を当てる問題が生じるときには助言を与える。
  6. 他者がすでに犯した間違いを手放す – 許すことを実践する。
  7. 自分自身の間違いを手放す – 自分自身を許す。
  8. 現実を受け入れる人生は浮き沈みだらけで、物事がどのように悪化しても、すべては過ぎ去る。

幸せになることは、どこからともなくやってくるのではありません。あなた自身が努力するべきです。実践により、誰でもより幸福な生活へと向かえます。

ビデオ : 心の平安の見出だし方
字幕を表示するには、ビデオ画面の右下にある「字幕」アイコンをクリックして下 さい。字幕の言語を変えるには、「設定」アイコンをクリックし、「字幕」をクリ ックして表示言語を選んで下さい
Top