他者を助ける11の方法

数多くの人々や動物たちが、毎日苦しんでいます。彼らを助ける多くの方法がありますが、それは彼らの状況を認め、助けるための最善策を理解することに依存します。慈悲と熟練さだけでは十分ではなく – 私たちが自分の時間に寛大で、自己規律や忍耐や精進と集中と智慧を持つこともまた必要です。ここでは、他者を助ける11の方法を紹介します。必要としている人々に利益するだけでなく、私たちが孤独の殻を打ち破り、自分の人生を有意義にすることも助けます。

1. 苦しんでいるものたちを世話する

病気のものたちや、障害を持ったものたち、苦しみの中にいるものたちを世話する必要があります。重い荷物や困難な任務にもがいている人を見かけたら、介入して彼らの負担を分ち合いましょう。

2. 自分自身を助けようともがいているものたちを導く

難しい状況の下、何をしていいのか迷っているものたちのために、私たちは相手が頼んでくれば助言を与えるか、聞く耳だけでも持ちましょう。犬やネコが部屋に閉じ込められていれば、外に出られるようにドアを開けましょう。窓のあたりで飛んでいるハエにも、これを適用します。そのハエは部屋の中になどいたくはないのですから、逃げられるように窓を開けましょう。

3. 自分を助けてきたものたちに親切でお返しする

世界を動かす他者のすべての仕事に感謝して、自分の両親のように私たちのためにたくさんのことをしてきたものたちを助けようとすることは重要です。これは罪悪感とか義務感からではなく、誠実な感謝の意と共になされるべきです。

4. 恐れに満たされているものたちを慰めて保護する

おびえている人々や動物たちを慰めるための最善を尽くすべきです。傷ついてしまうかもしれない危険な場所へ誰かが行く必要があるときには、彼らに同行して保護することを申し入れましょう。暴力の過去から逃れてきた避難民には、安全を与え住み着くことを助けましょう。戦争とか何らかの虐待によりトラウマを抱えているものたちには、特に私たちの理解が必要で、彼らの感情の傷を癒す手助けをする必要があります。  

5.悲観を乗り越えるものたちを慰める

人々が離婚とか愛する者の死などで悲観しているときには、私たちは彼らを慈悲のあるやり方で慰めようとします。決して「ああ、かわいそうな人」などと考え、彼らの上位に立つようなことをせず、自分自身を彼らの身においてその痛みを分かち合うべきです。

6. 貧しいものたちに物質的援助を与える

チャリティーに寄付することは良いことですが、路上で見かける乞食に与えることもまた大切です。特にホームレスの乞食が薄汚れて見苦しく映れば、彼らを見ることさえ嫌で、微笑んだり敬意を払うことなどしたくないときには、自分が持っているかもしれないためらいを乗り越えることが必要です。路上生活をしているこの人が自分の母親とか自分の息子であれば、どうやって、ひどく臭うゴミであるかのように、その横を通り過ぎることができるのか想像してみて下さい。 

7. 自分を慕っているものたちに仏法(ダルマ)を紹介する

自分の周りにいたがるものたちもまた助けようと努める必要があります。彼らが依存するようにはなって欲しくはないのですが、自分とのとても強い結びつきがあれば、彼らが興味を示すときに限り、幸福を得て他者を助ける基本的な仏教の方法を教えることで、彼らを助けることもできます。これは彼らを改宗させることではなく、一般的な援助と助言を提供することです。このようにして、私たちは関係を有意義なものにします。

8. 本人の意思に沿って、他者を助ける

私たちはその人に合ったやり方で、他者を助けようとするべきです。何かを教えてほしいと誰かが頼む場合は、それが自分のやりたいことではなくても、それが彼らに適切で自分にできることであれば、最善を尽くそうと努力するべきです。それは友人たちとレストランへ行く際に、いつも自分が好きな種類の食事に出かけることを主張することが思いやりのないことと同じです。時には、他者が好むことにあわせることもできます。交際中のときのように、自分が欲しいものと相手が欲しいもので妥協することが必要です。いつでも自分のことばかりで、自分が好むものである必要はありません。

9. まっすぐな生き方をする者たちを奨励する

まっすぐな生き方をする者たちを – ポジティブな道に従い良い仕事をしている人々を – 彼らが傲慢にならないように気をつけながら、賞賛することで助けることができます。これは特に自尊心の低い人たちとつきあうときに関連します。善き資質を持ちながら既に傲慢な人の場合は、他者に彼らを賞賛することはしても、面と向かってはやらない方が良いでしょう。彼らが他者を利益する能力を使うことは奨励しても、何か間違えるときには指摘してあげてプライドを減らす助けをします。

10. 破壊的な生活をしている者たちには建設的な行動を教える

私たちがとても破壊的な、ネガティブな人生を送っている人々に出会えば、ただ無視したり、拒否したり、避難するだけではいけません。人々を裁く代わりに、彼らが変化することにオープンであれば、私たちはネガティブな行動を乗り越えるやり方を見せる努力をするべきです。

11. 他の方法が失敗するときは、並みはずれた能力を使用する

私たちの中には並みはずれた、普通以上の能力を持つ人もいます。武道の達人かもしれませんが、他者に見せびらかさないようにして下さい。しかし、誰かが襲われているのを見かけたら、別の手段が見つからないときには、攻撃者を止める能力を発揮するべきです。

ビデオ : マチウ・リカール — 利他主義の恩恵
字幕を表示するには、ビデオ画面の右下にある「字幕」アイコンをクリックして下 さい。字幕の言語を変えるには、「設定」アイコンをクリックし、「字幕」をクリ ックして表示言語を選んで下さい

他者を利益する数多くの方法があります。スキルとは、どのように助けるのか誰を何で助けるのかを知ることばかりでなく、さらにそのようなヘルプをいつ申し入れるのか、そして他者が自分自身を助けることを学ぶためにいつ身を引くのかを知ることです。肉体的であれ精神的であれ、明らかに苦しんでいる者たちには、私たちの即座のケアが必要です。しかし援助は – 多すぎず少なすぎず - まさしく正しい量を適用すべきです。不運な人が自分の足で立てるように助けることが必要ですが、おそらく長期にわたる最善の助けは、他者が歩みだして自分自身を世話することができるような条件や道具を提供することでしょう。

Top