普遍的な倫理を実践する

人間の心はあらゆる問題の源ですが、正しく導かれれば、あらゆる問題を解決する源にもなります。どんなに多くを学んだ人でも、善良な心を持っていなければ、満たされることのない欲望から生まれる不安や不穏の罠に陥る大きな危険があります。物質的な知識がネガティヴな思考や感情の源になることは非常によくありますが、反対に、精神的な価値の真の理解は、平和をもたらします。 -ダライ・ラマ14世

マサチューセッツ工科大学(MIT)のダライ・ラマ倫理と変革的価値センターにおいて、普遍的な倫理について語り合わなければならない理由を説明したとき、ダライ・ラマ法王は、地球上の70億の人々の大部分はいかなる信仰も持たないことに言及し、そのような人々に特定の宗教を基礎とした心の訓練システムを提供することはできないと述べました。また、信仰を持たない人々のためのシステムは、非宗教的な教育の中に基礎を持つものであることがとても重要だとも語られました。

当時、アメリカでは経済危機が勃発したばかりでしたが、法王はその場で、ウォール街を牽引する人々の多くはアイビーリーグ出身だということにも触れました。貪欲さや偽りなどの問題がこの危機によって明らかになりましたが、これらの課題はなぜ、彼らの在学中には取り組まれてこなかったのでしょうか。現在、MITのダライ・ラマ倫理センターでは、感情が意思決定に与える影響や、私たちの決定が及ぼす長期的な影響を理解し、貪欲や偽り、消極性への対処方法を学ぶことに尽力しています。

ダライ・ラマ法王は、普遍的な倫理を実践する方法にも触れ、以下の三点を提言しました:

  • 自制の倫理
  • 美徳の倫理
  • 利他主義と慈悲の倫理

自制の倫理とは、自分の身体と発話に関わる悪癖を捨て去る方法のことです。法王は、身体は粗雑で心は繊細だとおっしゃいました。もし、自分の身体を制御することができなければ、心をコントロールすることなどできるでしょうか?まず、自分の身体と発話に関わる悪癖をよく認識し、次に心の悪癖に目を向けます。そして、倫理的な自制の訓練を行い、その後、美徳の倫理に取り組みます。美徳の倫理とは、慈悲や優しさ、寛容や識別などのポジティヴな習慣を強化していくことです。最後に、他者のために自分の生を捧げる、つまり利他主義と慈悲の倫理に取り組みます。

Top