ガイド付き瞑想の使い方

ガイドに従って瞑想を行い、有益な習慣を身につけましょう。

目標- チベット仏教における瞑想とは何かを知ります。瞑想のやり方を学び、トレーニングの指導を受けます。

対象- 全レベル、全年齢

構成

  • 解説(問題、原因、例、メソッド)
  • 瞑想(キーワードによるガイド付き)
  • 要約

実践の場所- 清潔で落ち着いた場所ならどこでも可。

実践のタイミング- 朝、一日の活動を始める前。それができない場合は、一日の終わり、就寝前。

座り方- ちょうどいい高さ・硬さのクッションの上に脚を組んで座ります。それができない場合は、背筋を伸ばして椅子に座ります。どちらの場合も背筋はまっすぐ伸ばし、両手は膝の上で組みます。薄目を開け、視線は下に向けて、ゆるく焦点を合わせるようにすると良いでしょう。

瞑想の頻度- 最低でも一日一回、できれば一日二回(朝・活動を始める前/夜・就寝前)。ウェブサイトに書かれている順番に従って、それぞれのガイド付き瞑想を最低一週間、毎日実践します。必要な場合はすでに実践した瞑想を繰り返します。

さらに詳しい解説:[瞑想の方法]

Top