コロナウイルスについてダライ・ラマが語る-「祈りだけでは十分ではありません」

思いやりを持ってコロナウイルスに対処しなければならない理由

Studybuddhism dalai lama oaa

時々、「世界の問題を解決するために不思議な力を貸してください」と私に頼む友人たちがいます。私はそのような時、「ダライ・ラマは不思議な力など持っていませんよ」と答えるのが常です。もし本当に不思議な力を持っていたら、私の脚や喉が痛むことなどないでしょう。私たちは同じ人間であり、同じように恐れや希望、不安を感じています。

仏教の視点からは、生きとし生けるものは全て、苦しみや病、老い、死の真実に直面していると言えます。しかし、人間である私たちは、理性を働かせて怒りやパニック、そして強欲を克服する能力を持っているのです。近年、私は「感情の武装解除」を強調してきました。つまり、恐れたり怒ったりすることなく、物事を現実的に、はっきりと見るよう努めるということです。ある問題が解決できるのなら、その策を探すよう努めなければなりません。解決できないのなら、そのことについて考えて時間を無駄にする必要はありません。

私たち仏教徒は、世界の全てのものごとは互いに依存しあっていると考えています。それゆえ、私は普遍的な責任についてしばしばお話するのです。この恐ろしいコロナウイルスの大流行が始まって以降、私たちは、一人の身に起きたことがすぐに周囲にも影響を及ぼす様を目の当たりにしてきました。しかし同時に、思いやりのある建設的な行為-それが病院で働くことでも、他の人との距離をしっかりと保つことでも-が多くの人々を救うということも、私たちは再認識しています。

中国・武漢におけるコロナウイルス発生の第一報以降、私は中国や世界の全ての兄弟姉妹のために祈り続けています。現在、このウイルスに免疫を持つ人は誰もいないということが分かっています。私たちの誰もが、愛する人について、また世界経済とそれぞれの家庭の両方の未来について、不安を感じています。けれど、祈りだけでは十分ではありません。

この危機は、誰もができる限り自分の責任を持つべきだということを私たちに教えてくれています。医師たちや看護師たちが示してくれている勇気と経験科学とを組み合わせてこの状況を変え、今後起こり得る更なる脅威から私たちの未来を守らなければなりません。

恐れの最中にある今のような時にこそ、全世界の長期的な課題や可能性について考えることが大切です。宇宙から撮られた写真を見ると、この青い地球には実際には国境などないということがよくわかります。ですから、私たちは皆でこの惑星を大切にし、気候変動や他の破壊的な影響を阻止していかなければなりません。私たちが直面するいくつもの未曽有の課題を乗り越えるには、世界の誰もが一体となり、協力しあって対処していくしかないのだと、このパンデミックは警告しているのです。

また、苦しみから逃れられる人は誰もいないのだということを忘れてはいけません。家や家族、財産を失った人々に手を差し伸べましょう。たとえ離れた場所で暮らしていたとしても、私たちの絆は失われないのだということも、この危機は明らかにしました。ですから、私たちの誰もが思いやりを示し、進んで助けの手を差し出す責任があるのです。

私は仏教徒として万物の無常を信じています。私がこれまでに経験してきた戦争や他の脅威と同じように、このパンデミックもいつか終わるでしょう。そして、これまでに幾度も繰り返されてきたのと同じように、私たちがこの地球というコミュニティを再建するときが来るでしょう。私は、誰もが安全で、平静でいられることを心から願います。このような不確実な時期にこそ、多くの人々の前向きな努力を信じ、希望を見出し続けることがとても大切です。

Top