ツォンカパ(1357-1419)はチベット仏教の偉大な変革者です。寺院における規律に忠実に従うことを提唱し、仏教哲学と密教の実践に関する最も深遠な教えの多くを明確にしました。ゲルク派の伝統はツォンカパにさかのぼり、チベットにおける仏教の主流派になりました。

himalayanart.orgよりイメージ引用