誠実さと信頼と友情

Study buddhism dalai lama oa

幸せとは何か

すべての人が幸せな人生を望んでいますが、問題は幸せとは何かということです。長く続く確かな幸福とは何でしょうか。このことについて深く考えてみる必要があります。主に感覚器官を通じて感じる幸せや楽しさ、たとえば何か素晴らしいものを見たり聞いたりした経験や、おいしい味、良いにおいといったものは、ある種の満足を与えてくれます。しかし、これらの感覚的な経験に基づく喜びは、とても表面的なものです。与えてくれるものさえあれば、すぐにある種の楽しさや幸せや喜びを得ることができますが、これを妨げるような大きな音などがすれば、たちまち楽しい気持ちは消えてしまいます。テレビを見ることに楽しみを見出そうとする人もいますが、彼らはテレビがなければ一時間後には退屈に感じてしまいます。世界中のさまざまな場所を楽しく旅行し、常に新しい場所、新しい文化、新しい音楽、新しい料理を経験することが大好きな人もいます。これは、心の訓練を通じて心の平安を育む能力が足りないことによるものだと私は思います。

一方、何年も何年も隠遁生活を送っているような人たちは、非常に幸福な人生を経験しています。ある時、バルセロナで一人のカトリックの修道士に出会いました。彼の英語は私と似たようなものだったので、いっそう彼と話そうという度胸が生まれました。世話役によると、その修道士は五年もの間山にこもって隠遁生活を送っていたそうです。私が山で何をしていたのかと尋ねると彼は、愛について考え、瞑想していたのだと答えました。こう話しているとき、彼の目には特別な表情が浮かび、彼が心から心の平安を享受していたことがよくわかりました。これは、感覚的経験に依存したものではなく、より深い価値を育むことによって心の平安を得た一つの例です。愛について常に考えることによって心からの安らぎを得ることができたのです。

私がお話しするときいつも強調するのは、物質的進歩は肉体的な快適さにとってなくてはならないものだが物質的価値は決して心の慰めにはならない、ということです。人々は裕福になると、貪欲になって、よりストレスを感じることがあります。結果として不幸せになってしまうのです。だから、幸せな人生にしたいのであれば、物質的な価値だけを信じていてはいけません。物質的価値も必要ですが、それ以外に内面的価値についてももっと真剣に考える必要があります。宗教を信じているかどうかに関わらず、人間である限り、心の平安はなくてはならないものです。

ビデオ : ダライ・ラマ法王14世 — 幸福な人生の意味
字幕を表示するには、ビデオ画面の右下にある「字幕」アイコンをクリックして下 さい。字幕の言語を変えるには、「設定」アイコンをクリックし、「字幕」をクリ ックして表示言語を選んで下さい

心の平安と健康

ある科学者たちは、調査の結果、大きなストレスが血圧やその他多くの点で問題を引き起こすと言っています。またある医学者たちは、常に恐怖や怒り、憎しみを感じていると、実際に免疫システムが蝕まれると言っているのです。健康の最も重要な要素の一つが心の平安なのです。健康な肉体と健康な心はとても密接につながっています。私自身の話ですが、二年前のある記者会見で一人の記者が私に私の輪廻について質問しました。私はふざけて彼を見て眼鏡をはずすと、彼に尋ねました。「私の顔から判断すると、私の輪廻は差し迫っていますか。」すると彼は、急ぐ必要はありませんと答えました。

最近ヨーロッパに行ったのですが、古くからの友人たちは二十年か三十年か、あるいは四十年も前に撮った私の写真と私を見比べて、みな私の顔が変わらず若く見えると言ってくれました。私は人生において、実に多くの問題を抱えていた難しい時期を過ごしてきましたし、不安、絶望、孤独が生まれるに十分な要因があったということは、みなさんご存知だと思います。しかし、私の心は比較的安らかです。ときどき短気を起すこともありますが、基本的には私の心の状態はきわめて穏やかです。

私はよく、化粧品に多くのお金をかける若い女性に向かって、何より先にあなたの夫がお金のかけ過ぎだと文句を言うでしょうと冗談を言います。いずれにせよ、外面の美しさも重要ですが、もっと大事なのは内面の美しさです。あなたの顔を美しくすることもできますが、美人でなくても化粧していなくてさえ、心からの笑顔とやさしい気持ちがあればじゅうぶん素敵です。これが本当の美しさです。本当の価値は私たち自身の中にあります。外面的な幸せを与えてくれるもの、たとえば大きな店、大きなスーパーマーケットではたくさんのお金が必要です。でも心の平安にはお金はかかりません。内面的な価値について考え、これに慣れ親しんでください。しだいに否定的な感情は小さくなっていきます。こうして心の平安がもたらされるのです。

他者の幸福に対して慈悲にあふれた心構えや関心を持つことによって自信が育まれます。自信が持てると、あらゆる行動を率直に、誠実に、そして正直に実行することができます。これによって、他人との信頼関係が生まれ、信頼は友情の基礎になります。私たち人間は、友を必要とする社会的動物です。友人は権力やお金から生まれるわけではなく、教育や知識からでもありません。友情にとってもっとも大事な要素は信頼です。だから他者の人生と幸福に関心を持ち、これを尊重する気持ちは、対話の基礎となるのです。

Top