今日の世界における仏教

南アジアおよび東南アジアにおける上座部(テーラワーダ)仏教

インド

仏教は7世紀にはインドで影響力を失いはじめましたが、極北のヒマラヤ山脈地域以外では、12世紀にパラ帝国の滅亡とともに消滅しました。19世末にインド仏教の復興が見られましたが、スリランカの仏教徒のリーダーであったアナガリカ・ダルマパラがイギリス人の学者たちとともにマハ・ボーディ・ソサエティー(大菩提会)を設立したのです。彼らの主な目的はインドにおける仏教徒の巡礼地を復興させることでしたが、非常に成功し、全ての巡礼地で寺院を立て、それらの寺院には僧侶が定住しています。

1950年代には、不触賤民カーストの人々の間でアムベードカルが新仏教運動を始めましたが、それにより(最下部)カーストの汚名を避けるために何十万人もの人々が仏教に改宗しました。また、ここ10年ほどは、都市部の中流階級の間で、仏教への興味が高まっています。現在では、仏教徒はインド総人口の約2%ぐらいを占めています。

スリランカ

紀元前3世紀にインドの皇帝アショカ王の息子であるマヘンドラ(Mahendra)により仏教が紹介されて以来、スリランカは仏教を学ぶセンターになっています。スリランカは仏教が最も長く継続してきた歴史を持っています。スリランカもまた戦争の際や、16世紀に島が植民地化されて以来、そしてヨーロッパ人の宣教師たちがキリスト教への改宗を迫り、仏教は長期の低迷期を何度も経験しました。

イギリスの学者や神智学者の助けにより、仏教は19世紀に力強い復興を経験しました。スリランカ仏教は時には「プロテスタント仏教」と特徴付けられる時もありますが、それは学術を強調し、在家コミュニティーへの僧侶による宣教活動、そして在家の人々のメディテーション(瞑想)修行などによります。スリランカは1948年に独立しましたが、それ以来、宗教としての仏教と仏教文化への興味が復活しています。

今日では、スリランカ人の70%が仏教徒で、大多数の人々が上座部(テーラワーダ)仏教の伝統に従っています。30年内戦の後は、スリランカはボドゥ・バラ・セーナ(BBS 仏教徒勢力)などのような組織が反イスラム教徒暴動を起こし、穏健派の仏教徒のリーダーを攻撃するなどと、国粋的(ナショナリズム)仏教の勢いが高まっています。

ミャンマー(ビルマ)

歴史的な研究によると、ビルマにおいて仏教は2000年以上の歴史があり、現状は人口の約85%が仏教徒であると認識しています。出家者たちはメディテーション(瞑想)と修学をバランスよく強調する長い伝統を持ち、在家の人々は多大な信仰を維持しています。ビルマ人の仏教徒で最も有名な一人は、在家のヴィパッサナー・メディテーション(観行の瞑想)のテクニックの教師であるS. N. ゴエンカ氏です。

ビルマは1948年に大英帝国から独立して以来、一般市民政権と軍事政権の両方ともが、上座部(テーラワーダ)仏教を促進させています。軍事政権下では、仏教は厳重に管理され、反体制派を住まわせた寺院は日常的に破壊されました。例えば8888民主化運動や2007年のサフラン革命の時など、僧侶たちはしばしば軍事政権に反対する政治的なデモの最前線にいました。

この10年ほどは、仏教を復興させイスラム教に反対しようと、さまざまな国粋(国家主義)的なグループが現れています。969グループの僧侶のリーダーであるアシン・ウィラトゥは、自分自身のことを「ビルマのビン・ラディン」と呼び、店主がイスラム教徒である店をボイコットしようと提案しました。「仏教を守る」という見せかけの下で、モスクやイスラム教徒の家々に対する暴力が起きることは日常的で、イスラム教徒による対抗の攻撃がさらに炎を煽っています。

バングラディシュ

11世紀までは仏教はこの地域の主な信仰でした。今日では、人口の1%以下が仏教徒ですが、彼らはビルマに近いチタゴン丘地帯に集中しています。

首都ダカには4つの仏教寺院があり、東部の村々には数多くの寺院があります。しかし、ビルマから隔離され、仏教の修行のレベルや理解度は非常に低いものです。

タイ

仏教は東南アジアの諸帝国に5世紀から紹介され始めました。民衆信仰とヒンズー教さらには大乗仏教に強く影響された、上座部(テーラワーダ)仏教が盛んです。スリランカやビルマと違い、正式な女性の出家者(比丘尼)の系統はありませんでした。国のほぼ95%が仏教徒です。

タイの僧侶のコミュニティーはタイ王室をモデルにしているため、最高責任者の法王と大長老会議があり、彼らには伝統の純粋性を保つ責任があります。森林地帯に住む僧侶たちと村に住む僧侶たちのコミュニティーがあります。両者とも在家のコミュニティーの深い尊敬と支援を受ける対象になっています。

森林系伝統の托鉢僧たちは人里離れたジャングルに住み、集中的にメディテーション(瞑想)に取り組み、厳格な僧院の規律を守っています。村の僧侶たちは、主として経典のテキストを暗記して、村の人々のために儀式を行います。タイ文化の精霊の信仰に従い、これらの僧侶たちはまた守護のためのお守りを在家の人々に提供します。僧侶のための仏教大学がありますが、そこでは主に仏教経典を古典パーリ語から現代タイ語に僧侶たちが翻訳できるような訓練が行われています。

ラオス

仏教は最初7世紀の間にラオスに到来しましたが、現在では人口の90%がアニミズムと混合した仏教の信仰を公言しています。共産党政権の間は、政権はすぐには外面的に宗教を抑制することはなく、仏教徒サンガを自らの政治的な目標に近づけるために利用しました。時間が経つ間に、仏教は深刻な抑圧の対象になりました。1990年代から、仏教は復活し、ほとんどのラオス人は非常に信仰深く、多くの男性が短期間だけでも僧院や寺院に参加しています。ほとんどの家庭が僧侶たちに食事を捧げ、満月の日には寺院へ参拝します。

カンボジア

上座部(テーラワーダ)仏教は13世紀以来の国教とされ、人口の95%が未だ仏教徒です。1970年代はクメール・ルージュが仏教を破壊しようと試み、ほとんど成功しかけ、1979年までには、僧侶はほとんど一人残らず殺害されるか亡命に追い込まれ、寺院や図書館は一つ残らず破壊されました。

シアヌーク王子が王として再即位の後は、制圧は次第に緩くなり、仏教への興味が復活しました。カンボジア人はまた占いや占星術や霊界の強烈な信者で、僧侶たちはヒーラー(療法士)でもあります。仏教僧侶たちは子供たちの命名式や、結婚式そして葬式などと幅広く儀式を行います。

ベトナム

仏教はベトナムに2000年前に到来しましたが、最初はインドから、その後は主に中国から伝わっています。しかし、仏教は15世紀の支配者級の寵愛を失い始めました。20世前半に復興が起きましたが、共和党政治の間、カトリック傾倒の政策が仏教を敵にまわしました。現在は、人口の16%が仏教徒と公言していて、仏教は未だ最大の宗教となっています。

政府は仏教に関して今では緩やかになりましたが、当局から独立した機能はどの寺院でも許可されていません。

インドネシアとマレーシア

仏教は2世紀ごろ、インドとの貿易のルートを通して、この地域に到来しました。その歴史のほとんどを通して、仏教はヒンズー教とともに修行されていましたが、それも15世紀に最後のヒンズー教と仏教の混在した帝国マジャパヒトが崩壊した時まででした。17世紀の初めまでには、イスラム教がこれらの宗教に取って代わっていました。

インドネシア政府の「パンチャシラ」政策によれば、公式な宗教は神への信仰を断言しなくてはなりません。仏教では神を一個の存在として断言しませんが、1000年前にはインドで盛んであった『時輪(カーラチャクラ)』で論じられている本初仏(Adibuddha)を断言するために公式の宗教として認定されています。本初仏は全ての現象の全知の創造主で、時間などの限定的なものを超えていて、象徴的な形態で表されてはいますが実際に存在するのではありません。本初仏は全ての生きとし生けるものの中に心の光明性として見られます。これを基礎に仏教はイスラム教、ヒンズー教、儒教、カトリックとプロテスタントとともに認定されています。

スリランカの僧侶たちは上座部(テーラワーダ)仏教をバリ島やインドネシアの他の地域で復興させようと努力してきましたが、非常に限られたスケールです。バリ島に興味を持つ人たちは、ヒンズー教と仏教と現地の精霊宗教の混ざった伝統的なバリ島の複合的宗教に興味を示しています。インドネシアの他の地域では、中華系のインドネシアのコミュニティーで、仏教徒は人口の5%ほどを占めています。上座部仏教と、中華系伝統とチベット系の側面がハイブリッドになった非常に小さいインドネシア仏教の宗派もあります。

マレーシアの人口の20%が仏教に従っていますが、主に海外からの中華系(華僑)のコミュニティーです。半世紀前に仏教への興味の減少がありましたが、1961年に仏教の伝搬を目標にしたブッディスト・ミッショナリー・ソサエティーが設立されました。ここ10年は、若者の間でさえ、仏教修行が盛んになっています。現在では、財政面でも支援にも恵まれた上座部(テーラワーダ)仏教、大乗仏教、金剛乗(密教)仏教の数多くのセンターがあります。

東アジアの大乗仏教

中華人民共和国

仏教は過去2000年の間、中国の歴史に大きな役割を果たしてきましたが、中国の仏教そのものは東アジアにおける仏教の伝搬にダイナミックな役割を果たしてきました。初期の唐朝(618 - 907)では、芸術や文学の繁栄とともに、仏教の黄金期を迎えました。

1960年代から1970年代にかけての文化革命の間は、仏教寺院のほとんどが破壊され、修行に熟練したほとんどの僧侶、尼僧と教師たちは虐殺されるか又は投獄されました。チベットや内モンゴルでは、仏教の鎮圧はさらに熾烈なものでした。中国が改革され開放的になると、伝統的な宗教への興味は再び増大しました。新たに寺院が建設され、古い寺院は修復されました。しかし、僧院に入る者のほとんどが貧しく教育の無い田舎の出身で、教育レベルは低いままです。多くの寺院が、切符の販売と寺の案内役として、観光の場としてのみ存在しています。

今日では、数多くの中国人が仏教に興味を持っており、特にチベット仏教へ献身する人々が顕著に増えています。現状では、仏教徒は人口の20%と推定され、中国中の寺院が開放された時間の間はにぎやかです。人々が富を蓄え忙しくなり、その多くがストレスから逃避しようと、中国仏教やチベット仏教に注目しています。多くのチベット人のラマ(仏教教師)が中国語で教えるようになり、多くの漢民族系の中国人にとっては、チベット仏教は特に興味の対象になっています。

台湾、香港、そして海外の中華系の地域

中国から派生した東アジアの大乗仏教伝統は、台湾と香港で最も強い勢力を持っています。台湾には在家のコミュニティーに寛大に支えられた僧侶や尼僧たちの僧院コミュニティーがあります。 仏教大学や社会奉仕のための仏教プログラムもあります。香港でも盛大な僧院コミュニティーがあります。マレーシア、シンガポール、インドネシア、タイ、そしてフィリピンでの海外の中華系の人々(華僑)の間での仏教徒コミュニティーで強調されるのは、祖先のご利益のための儀式と、現世の人々のための繁栄と富のための儀式を行うことです。仏教の神託が霊媒を通してトランス状態の中で話し、そのような多くの霊媒が、在家のコミュニティーへの健康に関することや心理的な問題に関してのコンサルタントになっています。このような「アジアの虎」経済の背後で、主要な原動力となっている中華系のビジネスマンたちは、財政的な成功のために儀式を行う僧侶たちに、寛大な寄付をすることがよくあります。また、台湾、香港、シンガポール、マレーシアでは、チベット仏教徒が増えつつあります。

韓国

韓国には、仏教は中国から3世紀に到来しました。韓国での仏教は、原理主義のクリスチャンの組織からの攻撃が増えつつある中でも、未だ比較的に健在です。ここ10年は、そのようなグループにより、数多くの寺院が破壊されたり放火でダメージを受けたりしています。人口の23%は仏教徒です。

日本

仏教は日本に5世紀に韓国から到来しましたが、日本の社会や文化において大きな役割を果たしています。13世紀以来、禁酒の戒を守らない妻帯した寺院の僧侶の伝統があります。伝統的な妻帯しない僧侶より、そのような僧侶の方が徐々に増えてきました。歴史的には、ある仏教の伝統は極端に国粋(国家主義)的で、日本は仏教の浄土だと信じてきました。現代においては、自らを仏教徒と名乗る狂信的な終末的世界観のカルトもいくつかありますが、実際は釈迦牟尼仏陀(ブッダ)の教えとは全く関係を持ちません。

人口の約40%が仏教徒として特定していますが、ほとんどの日本人は日本古来の宗教である神道を仏教と混合して信仰しています。子供の誕生祝いや結婚式は神道の伝統に従い、葬式の行事は仏教の僧侶が担います。

日本の寺院は旅行者や訪問者のために美しく保たれていますが、その多くが商業化されています。多くの部分で修学や修行はひどく弱体化しています。世界一の規模の仏教徒団体の創価学会は日本で発足しました。

中央アジアの大乗仏

チベット

仏教はチベットに7世紀までには到来しました。何世紀にもわたる皇室の保護や貴族の支援により、仏教はチベットの生活のさまざまな側面に入り込みました。


中華人民共和国によるチベット占領後は、チベットにおける仏教は厳しく制圧されました。6500あった寺院や尼僧院のうち150以外は全て破壊され、学識ある僧侶たちは処刑されたか、強制収容所で亡くなりました。文化革命以後は、政府は数件の寺院再建を助けただけで、ほとんどの寺院の再建は、以前僧侶であった者たち、地元の人々、そして亡命チベット人の努力によるものです。

中国共産党政府は無神論の立場ですが、五つの「認定された宗教」を許可していて、仏教もその一つです。当局は宗教的なことには干渉しないと宣言しますが、ダライ・ラマが幼いチベット人の少年をパンチェン・ラマの転生者であると認定した後すぐに、彼とその家族が行方不明になりました。その後すぐに、中国政府は当局の捜査隊を出し、中国人とチベット人の混血の少年を選定しました。ダライ・ラマが選出した少年はそれ以来消息を絶っています。

現在では、それぞれの僧院、尼僧院や寺院が政府のワーク・チームを持っています。これらはさまざまな職務を「助成する」私服の警察官や婦警です。基本的には、彼らは僧院コミュニティーの警視を行い報告することを意味します。時には、僧院の総人員であったりして、これらのワーク・チームは大がかりなものになっています。政府の干渉以外にも、チベットにおける仏教徒が直面している主な問題の一つが、資格のある教師の欠乏です。僧侶、尼僧、在家の人々は皆さらに学びたいと非常に熱心ですが、教師の大多数が実に限られた訓練しか受けていません。この10年ほどは、政府はラサ近郊に仏教「大学」を設立しました。それは若いトゥルクのための訓練学校として、彼らが仏教哲学とともに、チベット語、書道、医学、鍼灸などを学ぶ場になっています。デジタル時代のおかげで、若い在家のチベット人が仏教にさらに近づけるようになりました。彼らの多くが仏教の教えや物語をシェアするWechat やWeibo のグループのメンバーになっています。さらに仏教を学ぶことが、今では「本物のチベット人」としての自らのアイデンティティを強化する方法として受けとめられています。

東トルキスタン(新疆ウィグル自治区

東トルキスタン(新疆ウィグル自治区)に住むカルムイク系モンゴル人のほとんどの寺院は、文化革命の間に破壊されました。今では数カ所の寺院が再建されましたが、チベット以上にさらに深刻な教師不足の問題があります。新たな若い僧侶たちは修学のための施設がないことに非常に落胆し、多くが去って行きました。

内モンゴル

しかし、中華人民共和国政府の規制の下でのチベット仏教の最悪な状況は、内モンゴルにおけるものです。西部のほとんどの寺院が、文化革命の間に破壊されました。東部は、以前は満州国の一部でしたが、第二次世界大戦の終戦時に、ロシアが中国北部を日本から解放する支援をする中、スターリンの軍により、すでに多くの寺院が破壊されていました。結局、文化革命はただ壊滅を完遂させただけです。以前の内モンゴルにあった700の寺院のうち、わずか27の寺院だけが残りました。

1980年代以降は、寺院を復興させ僧院を再築する努力がなされていますが、そこにはモンゴル人だけでなく漢民族系の中国人も参加しています。

モンゴル

モンゴル(外モンゴル)には、何千もの寺院がありましたが、スターリンの命令で、1937年には全ての寺院が部分的または壊滅的に破壊されました。しかし、1946年には首都ウラン・バートルで形ばかりの象徴的な寺院として一寺院が公開されました、そして1970年代初期には僧侶のための五年制の仏教修行大学が設立されました。そこのカリキュラムは、マルキシズムの勉学が非常に強調されており、仏教修行に関しては非常に短縮されたもので、僧侶たちは限られた数の法要を行うことを許可されています。1990年に共産主義が崩壊した後は、インドに亡命しているチベット人の支援で、仏教の復興が勢い強く進んでいます。多くの新たな僧侶たちが修行のためにインドに送られ、200以上の寺院がささやかな規模で再建されています。

しかし、1990年以降、モンゴルにおける仏教が直面する最大の深刻な問題は、アメリカの野心的なモルモン教とアドべンチスト系とバプテスト系のキリスト教の宣教師たちですが、英語を教えるとの見せかけでやってきます。人々の子供たちが改宗すれば、その子たちがアメリカに留学するための支援として資金を提供し、口語体のモンゴル語で書かれ、きれいに印刷されたイエス・キリストに関する無料の小冊子を配ります。さらなる若者や知識人が仏教から離れ、キリスト教へと接近しつつある中で、仏教協会は、口語体で書かれた冊子や、テレビやラジオの番組を通して、仏教についての情報を口語体で提供し始めています。

モンゴルでは、今では積極的な改宗活動は禁止されています。2010年には、人口の53%が仏教徒で、2.1%がキリスト教徒でした。 

亡命チベット人コミュニティー

中央アジアにおけるチベット仏教伝統の中で、一番影響力があるのが亡命チベット人コミュニティーですが、中国軍の占領支配に対して起きた1959年市民の蜂起以来、亡命しているダライ・ラマ法王の周りにできたものです。彼らは多くの主要僧院や数カ所の尼僧院を再開し、伝統的な学者僧、メディテーション(瞑想)の大家、教師のための完全な訓練プログラムがあります。チベット仏教伝統のそれぞれの宗派の全ての側面を保存するために、教育、研究、そして出版のための施設があります。

亡命チベット人はインド、ネパール、ブータンのラダックやシッキム地方を含むヒマラヤ山脈地域に、教師を送り生きた血脈を再度伝承することで、仏教の復興を支援してきました。これらの地域の多くの僧侶や尼僧たちが、亡命チベット人の僧院や尼僧院で教育や訓練を受けています。

ネパール

ネパールの人口の大多数はヒンズー教徒ですが、このブッダが生まれた国では仏教の影響は未だ強く残っています。ネワリ族やグルン族やタマン族はネパール仏教の伝統的な形式を実践しています。人口の9%が仏教徒です。

仏教とヒンズー教の複合体に従い、ネパールは僧院においてカースト制を持つ唯一の仏教徒社会です。過去500年は、妻帯する僧侶が許可され、寺院を守り儀式のリーダーとなるカースト血統が存在しています。

ロシア

ルシアにはチベット仏教の伝統的な三地域がありますが、ブリヤート共和国、トゥバ共和国、そしてカルムイク共和国です。これらの地域にある寺院のすべてが、ブリヤート共和国では例外的に三寺院だけですが、1930年代後半にはスターリンにより完全に破壊されました。1940年代後半には、スターリンは厳格なKGBの監視下におかれた二カ所の象徴的な寺院を再公開しました。還俗した僧侶たちはその頃は、昼間はユニフォームとして袈裟を着て法要を行いました。共産主義の崩壊後、これらの三地域全てで仏教の大規模の復興が見られます。亡命チベット人は教師を送り、新たに若い僧侶たちがインドにあるチベット仏教僧院大学で修行しています。ブリヤート共和国、トゥバ共和国、そしてカルムイク共和国では、20以上の僧院が再建されています。

伝統的には仏教国ではない国々

仏教についての詳細の知識は、ヨーロッパが仏教徒の国々を植民地支配したこととキリスト教の宣教師や学者たちにより、19世紀にはヨーロッパに到達しました。同じ頃に、中国や日本からの移民が北アメリカで寺院を建設しました。

全ての伝統的な仏教の形式が世界中で、伝統的には仏教国ではない国々で見受けられます。アジアからの移民とアジア人以外の修行者の二つの主要グループが関わっています。アジアからの移民は、特にアメリカ合衆国とオーストラリアで、規模は小さいもののヨーロッパでも、それぞれの民族の伝統的な寺院を建てています。主に強調されることは献身的な修行を勧めることと移民先のコミュニティーがそれぞれの文化と民族のアイデンティティを維持するためのコミュニティー・センターを提供することです。現在では、アメリカ大陸で四百万以上、ヨーロッパで二百万以上の仏教徒がいます。

今では、どの大陸においても、世界中で100カ国以上の国々で、全ての伝統的な仏教の「ダルマ・センター」が見られます。チベット系、禅系、上座部系の伝統に属するこれらのセンターのほとんどが、アジア人ではない人々が頻繁に通いますが、メディテーション(瞑想)修行、修学、儀式の修行が強調されています。これらのセンターでの教師は、アジアの伝統的仏教徒のみならず西洋人も含まれています。多くがアメリカ合衆国、フランスとドイツにあります。多くの真剣な学生たちは、より深く修行するためにアジアを訪れることもよくあります。さらに、世界中の多数の大学が仏教学のプログラムを持ち、他の宗教や、科学や、心理学や、医学と仏教間では、対話と意見交換の機会が今でも増え続けています。ダライ・ラマ法王はこの面で最も重要な役割を果たしています。

Top