普遍的な倫理の基礎としての誠実さ

倫理的に行動しながら生きていくために、宗教は必要ではないという意見を持つ人々がいます。彼らは、愛や思いやりなどの価値観は、どんな宗教からも独立していると考えています。私はこれらの価値観を「普遍的な価値」、あるいは「普遍的な信念」と呼んでいます。宗教とは関係なく、無宗教者としてでも、人生においてより良い倫理観を育んでゆくことができるのです。

普遍的な倫理の基本的な前提となるのは、幸せになりたい、愛されたい、尊重されたいと思っているという点で、全ての人が完全に平等だということです。インドの憲法は、万人共通の普遍主義、つまり、全ての伝統や宗教を平等に尊重するという原則に基づいています。いつの時代も、インドの英知は、道徳教育と倫理的な自覚によって平和な世界を作り上げることを目指してきました。たしかに、教育は、科学・経済・政治・技術・芸術・文学などの分野で多くの目標を達成してきましたが、今日私たちが直面している問題と比べると、このような偉業からもあまり強い印象を受けないのではないでしょうか?

全ての人類は一つの家族であるという普遍的な原理を基礎にした教育方針は、現在の状況に変革をもたらすものです。生徒たちの心や感情が持つ潜在能力を生かすには、人間らしさや誠実さなどの資質、さらに論理、共感、道徳理論、直観力などの精神的な能力が必要です。普遍的な倫理を欠いた教育は、ほとんどの場合、経済的な成長という目的に合うように設計されているので、個人レベルの精神的な問題も、マクロレベルの社会問題も解決するものではないのです。

テクノロジーの変革が新しい「やり方(doing)」を促進すると言うのなら、普遍的な倫理は新しい「あり方(being)」を促進すると言えるでしょう。進化とは、「あり方」が「やり方」を受け入れるときに起こるものなのです。テクノロジーの急激な発展を背景に、私たちは、「普遍的な倫理は、自己変革をどのように明示し、人類に平和と自由をもたらすのか?」、あるいは「力強く持続可能な自己を作り上げるにはどうすればよいのか?」など、多くの重要な疑問を抱いています。

心を開かなければ、成長することはできません。教育者と生徒の双方に変化が必要なのです。よい人間になりたいのなら、倫理的なメソッドと価値観を受け入れることが不可欠です。私には私のアイデンティティがありますが、社会には他にたくさんの人々が存在することも受け入れなければなりません。普遍的な倫理は個人をより強くし、持てる潜在能力を最大限に生かします。私たちは時に、物質主義的な世界で勝者になりたければ、倫理を犠牲にしなければならないという誤った考えを抱きます。しかし、物質主義的な世界においてさえ、例えば億万長者になりたければ、信頼に足る存在になる必要があります。信頼に足る存在になるには、倫理的で、誠実であることが不可欠です。たとえば、家に素晴らしい調理師がいて、あなたは彼を高く評価していたとします。しかし、もし彼が家のお金を盗み始めたことに気づいたら、あなたは彼を追い出さなければならないでしょう。あなた自身が部下の不誠実を容認できないのに、どうして上司があなたの不誠実を受け入れることを期待できるでしょう?

これらはとても簡単に理解できることです。複雑なことは何もありません。

Top