普遍的な倫理によって平和を促進する

近年、精神的な健康問題に苦しむ若者の数が急増しています。これは現代社会における大きな危機です。この問題を解決するにはどうすれば良いでしょうか。

私たちは、宗教の名のもとに行われているとされる、数多くの戦争や紛争、テロ攻撃などを目にしています。ダライ・ラマ法王が旅をされると、どこに行っても、教育者や社会活動家、医療従事者などの人々から同じ質問を受けます。それは、「一体、この世界の何が問題なのでしょう?」というものです。現在、この世界は、テロリズム、腐敗、性差別、貧富の差、そして若者の心の問題など、多くの危機を経験しています。今日、精神的な健康問題に苦しむ若者の数は急激に増加し、主要な危機の一つに数えられるほどになりました。では、どうやってこれらの問題を解決すれば良いのでしょうか。

現代の教育は精神保健の問題を解決するはずなのに、このような急激な増加がみられるのはなぜなのかを考えなければなりません。一体、何が問題なのでしょう。どうしてこのような問題が生じるのでしょうか。これらは、ダライ・ラマ法王によく投げかけられる問いです。そんなとき法王は、ためらわずにこう答えられます:「現代の教育の穴が原因です」。この「穴」とは、現在の教育システムが知性を育むことを主な目的として作られているということです。教室で「2+2は4です」と言えば、テストに合格することができます。しかし、もし、とても美しい心を持った、利他的でカリスマ的な生徒がいたとしても、彼が「2+2は4ぐらいです」と言ったとしたら、不合格になります。心に信頼を置く人はいないのです。信頼されるのは脳みそだけなのです。

これが、問題の大きな原因になっています。脳だけを発達させても、私たちの世界に幸せがもたらされるとも、人々が信頼や愛、思いやりを抱くとも言い切れません。では、現実的なレベルで、人類を平和と調和へと向かわせる原動力になるものは、一体何なのでしょう。それは人間の心です。

私たちの心を貶めることなく、世界の発展を確実なものにしてゆくためには、知恵も不可欠です。知恵と心を連携させなければなりません。これを念頭に置いて考えると、倫理と道徳規範を支えるものとして、思いやりの心は普遍的であることがわかります。これを否定する人はいないでしょう。信仰の有無や教育の有無にかかわらず、どんな人でも、他の人が愛情や気遣いを見せてくれることを愛し、嬉しく思います。ですから、倫理の根幹には慈悲、つまり、他者への愛と思いやりがあることを忘れないようにしましょう。

もう一つ、「私たちはどうやって平和を促進していけば良いのでしょう?」という質問もあります。それには何より、世界中にあるセンターが大きな力になるでしょう。例えば、ここデリーにあるラマヌジャン・カレッジの倫理・価値観センター(The Center for Ethics and Values at Ramanujan College)では、ダライ・ラマ法王の後援を受けて、普遍的な倫理を促進するための巨大なプロジェクトが進行しています。

また、他の人々がより思いやりを深めていくために、私たちがどのように行動し、どのようにインスピレーションを与えることができるかを考える必要があります。このとき、決してカルト的なやり方で人を変えてゆくのではなく、心を開き、暖かい気持ちで、よく考えながら人々と接してゆかなければなりません。私たちは、世界に目覚ましい変化をもたらすことはできないかもしれません。けれど、より情け深く行動する潜在能力があっても、それを実践するという考えには至っていない周りの人々に、影響を与えようと努めることはできます。では、人々に影響を与えるにはどうすればよいでしょう?もし、全世界に影響を与えるような人々に直接会えないとしても、世界中の人々に慈悲の大切さを知ってもらうためにはどうすれば良いかを研究することができます。この「人々」には全ての人が含まれますが、若い世代に伝えることは特に大切です。未来への希望を担うのは、現代の若者たちなのですから。

2017年4月、インド・ニューデリーで開催された「高等教育における普遍的な倫理の役割」パネルディスカッションから抜粋・編集。ゲシェ・ドルジ・ダムドゥルはインド・ニューデリーのダライ・ラマ法王文化センター(チベット・ハウス)所長である。

Top