日常生活における応用倫理の原則

倫理や価値観を日常生活に応用することを「応用倫理」と呼びます。もっと現代的に、「生命の教育」と呼んでも良いかもしれません。これは、個人の不満と社会不安の両方を解決してゆくためのものです。応用倫理は一人一人が自分の人生を理解するのを助けるだけでなく、他者とのポジティヴな関係を築く方法を習得する際にも大きな力になります。良好な人間関係の構築は、社会全体の進歩と発展に欠かせません。普遍的な倫理は重要な役割を持っているのです。

普遍的な倫理を身につけるにはどうすれば良いでしょうか。私たちは、宗教に関わりのないところからこれを獲得することができます。例えば、アリストテレスの著作や、「国があなたにできることを問うのではなく、あなたが国のためにできることを問うて欲しい」と言ったジョン・F・ケネディのような人々の言動には、学ぶところが多いでしょう。一方、宗教からも多くを得ることができます。中には「宗教は人々を分断するだけだ」と主張する人もいますが、宗教には二つの側面があることを忘れてはいけません。一つは、宗教によって異なる神学的な側面です。もう一つは、全ての宗教に共通する倫理体系です。生の原則はどのような宗教にも共通するので、私は、宗教は普遍的な応用倫理の形成においても大きな役割を持つと考えます。

マウラーナー・ワヒドゥディン・カーンによって設立された平和と精神性センター(Center for Peace and Spirituality)において、私たちは、過去17年の間マウラーナーが週末に講義を行ってきた応用倫理の実践的なパラダイムを開発しました。倫理の原則を自ら応用している生命の教育者たちを何千人も集め、他の人々に倫理について語ってもらいました。これが、教育者が行うべきことです。倫理の原則をまず自分で応用し、生涯にわたってそれを続けるのです。さらに、それと並行して、生徒たちが同じ原則を応用することも手助けします。

私たちが開発したのは一つの解決策です。私は今日の世界に平和を確立させる方法を研究して、一人一人が平和の文化を目指して変わっていかなければならないことに気づきました。これが達成されれば、人々は知性の面で成長し、平和を好み、社会の平和や進歩、発展に貢献するようになるでしょう。その結果、世界中のあらゆる国が発展してゆくのです。

これを実現することを目標に、私たちは個人を成長させるためのプログラムを開発しました。その三つの大原則をご紹介したいと思います。これらの原則は、宗教的・非宗教的双方の倫理から導かれたものです。

1. ポジティヴな姿勢

一つ目は、ポジティヴな姿勢、あるいはポジティヴな考え方です。刑務所の中で、鉄格子の向こうの窓の外を見ている二人の囚人を想像してください。一人は地面の泥を見ていますが、もう一人は空の星を見ています。これは、同じ状況にあっても、泥ばかり見るようなネガティヴな気持ちでいるか、その境遇にチャンスを見出すかは、自分で選べるということの喩えです。物事の様々な見方を育んでいくと、好機をより良く捉えられるようになります。

2. ポジティヴな言動

二つ目は、ポジティヴな言動です。どの宗教にも黄金律があります。例えば、キリスト教では「自分が他人にしてもらいたいことを他人にしなさい」と言います。つまり、私たちは他の人々から何をしてもらいたいかを明確に知っているということです。あまり多くの倫理的な規則を教わる必要はなく、ただ自分自身が人から受けたいような振る舞いを、他の人々に対して実践すれば良いのです。まず、人に与えることから始めましょう。私たちは人に与えるとき、自分も受け取っているのだということを知っています。この受け取るものとは、権利、人間性など、つまり、全てのものです。

3. 平和と非暴力

私の研究によれば、全ての倫理の本質は平和に集約されます。平和は、善意、尊敬、寛容など、ポジティヴな生の原則の全てを覆う傘のようなものです。全ての原則は平和と非暴力の傘に入れることができるのです。これらを実践し、日常生活に生かせば、自分自身を成長させるだけでなく、社会の進歩にも貢献してゆけるでしょう。

これらのプログラムを実践するのは、生徒たちのみならず、教師たちにとっても有益だと考えます。私たちはラマヌジャン・カレッジで教師と生徒にこれらのモジュールを提供する機会を得て、非常に大きな成功を収めました。これをさらに推し進めるため、平和と精神性センターでも「私たち、生きるもの(We, the Living)」などのコースを開発しました。これは1年生から12年生向けのコースで、専用のテキストも、研究用・指導用の資料もあります。大学生向けには「平和の文化(Culture of Peace)」コースを開発し、いずれこれをラマヌジャン・カレッジに導入したいと考えています。一般の個人や企業に向けては「グッド・ライフ・プログラム(Good Life Program)」を開発しています。私たちはこれらのプログラムを通じて、倫理の原則を世界中に広めていきたいと考えています。すでにインド全土にはセンターを設立しており、さらに、オンラインでもこれらのプログラムにアクセスできるようにしていますので、私たちのセンターやそこに所属する教育者たちは、これらの原則を世界中の人々に広めてゆくことができます。これが、教育者や倫理学者の育成に向けた小さな一歩になることを願っています。このように、私たちは自らの知性を育み、進歩と発展に貢献することができます。

Top