様々な仏教の種類

仏陀の教えがアジアの異なる土地や文化に広まる中で、それぞれの土地の人々は自らの土着の信仰に調和して共鳴する側面を取り入れました。その結果、それぞれが独特のアプローチと様式を持った多くの仏教の形式が発展しましたが、それらすべてが教えの最も本質的な特徴を保持しています。これは弟子の一人一人の性向に合わせてその教えをカスタマイズした仏陀の教示法に沿ったものでした。

現存する主流の体系の代表として、テーラヴァーダ(上座部)仏教、中国式とチベット式の仏教に特有の特徴のいくつかを見てみましょう。

テーラヴァーダ(上座部)仏教

東南アジアで修行されているテーラワーダ(上座部)仏教は、マインドフルネス・メディテーションの修行を強調します。これは座ったまま呼吸と身体の感覚に焦点を当てることや、非常にゆっくりと歩きながら動作と動きへの意図に焦点を当てることでなされます。それぞれの瞬間が生じては消えることへのマインドフルネス(念)で、人は経験的な無常の気づきを得ます。この理解が各自のすべての経験を分析するために応用される時には、人は他のすべての物やすべての人々と独立して存在するような恒常で、変化しない自己は存在しないと悟ります。すべては瞬時の変化です。このようにして、人は自己中心的な思惑とそれがもたらす不幸から自らを解放する現実への理解を獲得します。

テーラヴァーダ(上座部)仏教は、また計り知れない(無量の)愛(慈愛)、慈悲、平等性と喜びについてのメディテーションを教えますが、わずかにここ数十年の間に、タイで始まった仏教徒が社会や環境を助けるためのプログラムに参加する「社会参加型仏教」と呼ばれる動きが起きています。

テーラヴァーダ(上座部)仏教の僧侶たちは、仏教の経典を読経し、一般の人々のために儀式を行います。僧侶たちは無言で布施を乞う日々の托鉢に出かけ、在家の人々は彼らに食事を捧げることで布施を修行します。

東アジアの大乗仏教

中国から派生した東アジアの大乗仏教には二つの主要な面がありますが、それは浄土と日本で禅として知られているものです。

  • 浄土の伝統は、幸福の浄土へ、そこは全てが仏陀に成るために整っている極楽である阿弥陀仏の幸福の浄土ですが、行くための方法として、無量光仏陀である阿弥陀仏の名前を復唱することを強調します。
  • 純粋な心の性質である慈悲とそれが智恵に恵まれて輝くために、禅では心におけるすべての概念的な思考を鎮静する厳格な瞑想が強調されます。

両方の伝統の僧侶や尼僧は経典を暗唱し、儒教の文化に調和して、在家の共同体のために、特に亡くなった先祖のために儀式を行います。

チベットの大乗仏教

中央アジアに行き渡る大乗仏教のチベット様式(伝統)は、特にナーランダ大僧院学院の伝統における、インド仏教の歴史的に発展してきたすべての伝統を保存しています。そのため、チベット仏教は学びを強調しますが、特に心、感情、現実の性質についての学びを、これらのトピックについての高度なメディテーションとともに論理と問答を通して行うことが強調されています。

チベットでは、このアプローチはインド仏教伝統のタントラ(密教)修行と組み合わされますが、それは修行者が想像力を駆使して、身体の微細なエネルギー(気)とともに働きかけ、自分自身を仏陀の境地へと変容させます。これは無自性(空性)と慈悲に集中することでなされますが、その文脈の中で、自らがある特定の仏陀身(kaya)に成ったと想像します。このような身は時々「メディテーション神(本尊)」と呼ばれますが、意味や機能において神(God)と同等ではありませんし、仏教は多神教の宗教では決してありません。それぞれの仏陀身は智恵や慈悲などと、仏陀の悟りのある一面の象徴的な表象です。自分自身をそのような身であると想像し、それに関連した神聖な音節(マントラ)を暗唱することで、自らの惑わされたネガティブな自己像を乗り越え、その像により体現される性質を発展させます。そのような修行は非常に高度なもので、十分に資格のある教師の密接な指導が要求されます。

チベット仏教にもまた数多くの暗唱や儀式がありますが、しばしばネガティブな力や干渉を鬼の形で観想し、それらを除去するために設計されています。そのような儀式を行う間は、困難を乗り越えるエネルギーと自信を獲得するために、人はメディテーションの補助として、自らを極度に強力な形(憤怒尊)として観想します。さらに、愛(慈愛)と慈悲を育むためのメディテーションのテクニックも非常に強調されますが、その際にも観想(のテクニック)が使用されます。

まとめ

上座部(テーラヴァーダ)仏教のマインドフルネスの実践、中国における阿弥陀仏の名の詠唱、チベットの問答や観想の修行のどれを見ても、すべての仏教の形式は同じ文脈の元に収まります。それらのどれもが、自分自身のためのみではなく出来得る限り他者に貢献出来るようになる為に、苦を脱却して自分が本来持っている特性を開き発揮させるための効果的な方法を示しています。

Top