SEE ラーニング 普遍的価値の訓練プログラム

Social, Emotional and Ethical Learning エモリー大学、要約されたフレームワーク マット

エモリー大学のSEEラーニング・プログラムの構成と鍵となる概念の明瞭なアウトライン

SEEラーニングとは何か?

ビデオ : ゲシェ・ラクドル — 普遍的価値とは何か
字幕を表示するには、ビデオ画面の右下にある「字幕」アイコンをクリックして下 さい。字幕の言語を変えるには、「設定」アイコンをクリックし、「字幕」をクリ ックして表示言語を選んで下さい

社会的な(S、ソーシャル)、感情的な(E、エモーショナル)、そして倫理的な(E、エティカル)学びのSEEラーニングは、感情面で健全で、倫理的に責任感を持つ個人や、ソーシャル・グループ、そして幅広いコミュニティーを育てるためのプログラムです。本来は学校や高等教育の場での使用のために作られたのですが、他の環境での使用にも適しています。

この訓練プログラムは、エモリー大学のコンテプレティブ科学と慈悲をベースにした倫理センターで開発され、倫理に関して統合的な焦点を当てています。ここでいう倫理とはある文化や宗教にベースを置くのではなく、むしろ慈悲、寛容、赦し(許し)などの普遍的な人間の基本的な価値に根ざしています。SEEラーニングの実践は個人が自分自身や他者に対して、より上手にケアする能力を高めることに貢献しますが、身体的な健康にも感情面での健全さにも欠かせないものです。日々増していく相互依存への気づきと、批評力のある考え方のスキルを発展させていくことにも焦点を当てますが、ますます複雑化する世界において、人々がグローバルな地球市民となる準備も手助けします。

プログラムは「普遍的な価値」をベースにしているため、国際的に様々な国々や文化の中で使用できます。常識と共通の経験と科学をベースに、提示されたカテゴリーや訓練をそのまま使用、あるいは異なる人々の持つ宗教や文化によりインスパイアされてそれぞれ適応させることも可能です。この分け隔てのない統合的なプログラムの目標は、すべての年代の人々に通じるソーシャルで、感情的で、倫理的な能力を教えることなので、その点では、人々が数学や科学、外国語や他の学術的な科目を教えられているときと変わりはありません。教育は個人や社会全体として、より多くの幸せと調和をもたらすような価値や能力を促進できますし、実際にそうあるべきです。

三局面と三領域

SEEラーニングはそれが促進したい能力のタイプをカバーする三つの局面を持っています。

  • 気づき
  • 慈悲
  • エンゲージする

さらに、これらの三局面は三つの異なる領域に広がります。

  • パーソナル
  • ソーシャル
  • グローバル

三つの局面

気づき – 私たちの考えや、フィーリングや、感情への理解を発展させること。気づきは私たちが自分自身の内面の世界、他者の存在とその必要性と、自分たちが存在する人生と世界の特徴としての相互依存について認識することを手助けします。これを育むには実践と注目することを洗練することが要求されます。

慈悲 – 自分自身や、他者、そして人類全体との関係において、親切心、共感、彼らの幸福や苦しみについての想いを持つ訓練をする。この資格として、批評力のある考え方と、自分自身のニーズや欲求への理解と、何が自分自身の長期のウェルビーイングをもたらすのかを判断する能力が要求されます。そして、範囲が他者のニーズを含むに至り、究極的には人類全体の共通のニーズにまで至ります。

エンゲージする – 気づきと慈悲の訓練で学んだ諸方法を実践すること。これには個人的な、ソーシャルな、共同体的なウェルビーイングを進める行動や態度のタイプについても含まれます。これには自己制御と、ソーシャルなスキルと、グローバルな市民として行動にエンゲージすることが要求されます。

これら三つの領域を基本的な価値として発展させることは、知識を得ることについてだけでなく、それが個人的なレベルでどう関わってくるのかを知ることでもあり、それらを内面化することでもある。それにはいくつかのステップがあります。

  • 最初は、聞いて、読んで、経験することで、基本的な情報に触れ、それぞれの価値を理解することに勤め学びます。
  • 批評力のある考え方を使い、そして異なるアプローチ法を使い価値を審査して、自分自身の状況に当てはめてみて、それが「批評力のあるインサイト」に至ります。これは私たちが個人的なインサイトを得る「ああ、そうだ」の瞬間に例えられ、自分自身の生活で最初のレベルの知識を得ます。
  • 繰り返しによる習慣化は個人的な性格の強みや傾向にまで価値を変換させます。これには価値が自発的になるまで、継続する実践と、論議や論争を通して可能になります。

三つの領域

パーソナル – 他者やより幅広いコミュニティーのニーズに応えるには、まず自分自身のニーズや内面の生活に応えることを学ばなくてはなりません。これは諸々の感情を特定して、その効果を理解して、自分自身や他者を傷つけるかもしれない衝動的な行動を避けることができるようになるために、感情面での読み書きの能力を発展させることで可能になります。

ソーシャル – 人間として、私たちは自ずとソーシャルで、他者とどのようにしてうまく関わるかはとても大切なことです。私たちは学び、反省や、実践に参加することで、ソーシャルな特性を育むことができます。

グローバル – ますます複雑になっている世界の中で、慈悲だけでは十分ではありません。私たちが住んでいる相互依存するグローバルな体系のより深い理解もまた要求されます。複数の視点から状況を見る方法を知れば、問題解決のプロセスが全体的となり、事柄を小さな、繋がりのない小片にバラバラにする傾向を避けることができます。

学びの糸

学びの糸は上述の三つの価値を探検し、査定して、内面化する方法です。それらは私たちの知識と理解がしっかりした土台の上に築き上げられ、時間に応じて深まるようになります。

  • 批評力のある考え方 – トピックや体験を、論理的な思考、複数の視点、対話や議論を通して探求することでより深い理解に到達する。
  • 内証的な実践 – 個人的な体験に対する注目を構造的に行うスキルを内面化する。
  • 科学的な視点 – 自分の感情や世界に対する科学的な視点を理解し、文化や宗教にとらわれないアプローチを提供する。
  • エンゲージする学び – 例えば創造的な表現(芸術、音楽、書くこと)や環境的な学び(自然と直接関わる)などの参加型の学びの戦略に関わることで内証的になれる。

四つ全ての学びの糸が慈悲の原理に根を張っていますが、それは三つの局面の中心にあるものです。しばしば、慈悲は弱さとして – こちらの自己犠牲により他者が好きなものを得るとか、いじめや他のネガティブな行動さえ許したりするなど – と誤解されています。SEEラーニングでは、慈悲は勇気のある慈悲として理解し、他者への思いやりと想いのスタンスは、内なる強さに根を持ち、結果としても内なる強さになると理解しています。

まとめ

SEEラーニングにエンゲージすることで、私たちは自分自身の考えやフィーリングへの一人称の気づきがより強まり、他者へも彼らの内面(こころ)の世界に対しても強まります。他者に対する勇気のある慈悲と人類共通の全ての人々をどの場所においても貴重だとする認識と共に、感情の衛生とセルフ・ケアのスキルを育みます。究極的には、破壊的な行動から利益(りやく)のある行動を識別できることで、私たちはグローバルなレベルでの幅広い社会的な利益にエンゲージして、他者と生産的にケアする気持ちで関わることができます。ですから、SEEラーニングは、私たちが健全な自己尊厳の感覚を養うための価値とスキルに向かい、自分の周りにいる者たちと関わり、責任あるグローバルな地球市民になるための総括的なプログラムです。


もう少し深く行きたいのであれば、SEE ラーニング・フレームワークの完結版をお読みください、またコンテプレティブ科学と慈悲をベースにした倫理センターの他のプログラムについても学べます。

Top